アクアリウム通販大手チャームの実店舗に行ってきました!

スポンサーリンク

 

アクアリウムで有名なチャームのリアル店舗チャーム邑楽店に行ってきました!

 私がアクアリウムを始めてから、一度は絶対行きたいとつねづね思っていたリアル店舗チャーム邑楽店に、とうとう行ってきました!

チャーム本店じゃなくて邑楽店

 私の家から隣県の邑楽店までは片道150キロ以上あったので、到着が遅くなってしまいましたが、それでも本当に来て良かったと思いました^^

 そこで今回は、チャーム邑楽店の感動した点について書いてみます。

チャーム実店舗はここが凄かった!

 チャーム実店舗に行って感動した点は大きく2つ。それを以下に綴っていきますね。
チャーム本店が実店舗とよく勘違いされるみたいですが、チャーム本店は公式通販サイトで、邑楽店が実店舗です。)

チャームと言えば安全な水草

チャーム実店舗の無農薬処理済み水草コーナー

 いつもお世話になっている熱帯魚通販大手のチャームさん。

 チャーム本店(公式サイト)を始めチャーム楽天市場店アマゾン支店Yahoo!ショッピング支店、最近できたポンパレモール支店と、ネットショッピングで淡水魚や海水魚、水草といったアクア関連商品を買うといえば、すでにチャームを愛用してる方も多いと思います。

 チャームが選ばれる理由は皆さんご存知のように、豊富なレパートリーはもとより、ヌマエビ水槽にも安心して入れられる無農薬処理された水草の種類の多さ!

 熱帯魚水槽の水草はほとんどが海外の植物ですから、日本国内に輸入する際、検疫法でどうしても農薬処理しなければならないものばかりです。
 でも農薬って魚やエビにとって猛毒ですから、耐性の強い金魚や熱帯魚ならともかく、特にシュリンプ類など水質の変化に敏感で弱い生体にとっては、ほんの少しの残留農薬でも厳禁。

チャーム邑楽店の水草水槽にはエビが元気に泳ぐ姿

 だから昔のアクアリウムには、日本在来種のマツモや、金魚藻の定番だったガボンバ、アナカリスといった、放っておいても勝手に増殖するような水草がほとんど。つまり、国内で簡単に増えるから流通してたわけで。。

 本格的なアクアリストは、輸入された珍しい水草の農薬を抜くために、数ヶ月から1年とかの期間を掛けて、水換え浄化していたとか。
(流水で抜くと早いみたいですが、区切られた水槽環境で抜くのは大変だったようですね。)

 でもチャームさんでは、輸入した水草を日本国内で自社栽培して増やしたり時間を掛けて無農薬処理して、農薬の心配が無い水草を豊富に揃えています。
 これ、かなり革命的ですよねー。

チャーム邑楽店の無農薬水草の栽培展示販売

 ということで実店舗には、農薬に敏感なヤマトヌマエビやオトシンクルス君が一緒に入った水草水槽がずらっと並んで販売されています。これは感動的でした。

コケが無い!手入れされた水槽ばかり

 凄いのは水草だけじゃないです。
 店内に並んでいる水槽に、黒髭ゴケや茶ゴケといった残念なコケ被害が全然見当たらないところ!

チャーム邑楽店の水草水槽にはエビが元気に泳ぐ姿

 実店舗にはレイアウトされた水草水槽がいくつも並べられていましたが、どれもしっかり管理されていて綺麗な状態で維持されていました。

 アクアリウム好きの私たちが熱帯魚ショップに行って真っ先に感じるのは、ここなんですよね。
 “生体をもっとちゃんと管理してよ”って心で叫んでしまうお店が本当に多い。

 白点病や尾ぐされ病に掛かった魚が元気無く泳いでる水槽や、水が白濁して廃墟と化した水槽で必至に生き残ってるエビとか。。
 せっかく専門店に行ったのに、黒髭ゴケが水草を覆い、エビや魚の死骸が水槽の底に沈んでる状態なんて、誰も見たくないんですよ。

 チャーム実店舗には、生体の居ない休槽中の水槽はあっても、そんな悲しい状況の水槽は一つもありませんでした

 感心してしまうくらいに黒髭ゴケが少ないので、店員さんに尋ねたところ、
頻繁な水換えが一番のメンテナンス法です!
と教えて頂きました。

 1にも2にも水換え。綺麗な水は魚にもエビにも水草にも1番大切とのこと。何歩も先を行ってる専門家にそう言われると、アクアリウムの考え方が明確になりまっす。

 あと、水草がかなり少ない水槽にCO2を普通に添加していて、しかもヤマトヌマエビが元気にツマツマしてるとか「なんで大丈夫なの??」って事など伺ったり、ホントいろいろと勉強になりました。

チャーム邑楽店の超巨大大型水槽は圧巻

(お店の奥にある幅3m50くらい(?)のこの超巨大大型水槽は圧巻。お店の入り口の両側にも一辺1mくらいの大きな海水魚水槽と淡水魚水槽があり、それもすごい手入れされていて綺麗なんですが、この巨大水槽は本当に綺麗でした。)

 アクアショップに訪れる客は、「キラキラと澄んだ水に魚が元気に泳ぎエビがツマツマし、水草がゆったりと揺れる水槽を家に置きたい!」って思って出向くんですから、できれば専門店には私たち以上に安定した水槽環境を、さも当たり前のように維持管理していてほしいもの。

 生体が乱雑に扱われてる状態は、理想の水槽をイメージするワクワクした気持ちを一気に萎えさせますから。。

 ・・・なんか、愚痴みたいになってスミマセン。。
 とにかく、生体が気持ちよく泳ぐ水槽達を見れただけでも、片道150キロ掛けていった甲斐が充分にありました。

リアル店舗チャーム邑楽店の詳細情報

 チャーム邑楽店には淡水魚や淡水水草だけでなく、海水魚、は虫類、観葉植物コーナーも充実していました。
 コーナーそれぞれが扉で区切られていて、温度や湿度の空調が管理され、各生き物にとって万全の態勢が整っています。

チャーム邑楽店の淡水魚コーナーは湿度高めに温度管理

 私の興味が淡水魚関連ばかりだったので、それ以外の写真が少なくてごめんなさい。

住所(所在地)

〒370-0603 群馬県邑楽郡邑楽町大字中野2995-2

アクセス

 群馬県南東の端、埼玉県と栃木県の3県が交わる辺り、国道122号線もしくは国道354号線を目指し群馬に入り、県道20号線と152号線に挟まれた場所にあります。お店の隣はホームセンターコメリ邑楽店があります。
 ちなみに住所の“邑楽”は“おおら”と読みます。

 リアル店舗は一般的な熱帯魚店に比べて海水魚や熱帯魚、水草、は虫類の種類も豊富ですが、それでもチャーム本店など通販部門の在庫に比べて、置ける数が限られています。
 チャームさんはいくつもの倉庫やシュリンプ温室、淡水魚温室、水草ハウス(これらは一般公開は無いそうです、残念)などがあり、そこから通販注文に直接発送してるとのこと。

 でも、値段は通販価格とリンクしていて、リアル店舗内にあるノートパソコンで注文して取り寄せる事もできます。

公式ページ

 その他詳しくはこちらの邑楽店公式ページをご覧ください。
チャーム邑楽店

チャーム実店舗に行った!まとめ

 ざっとですが、熱帯魚通販チャームの実店舗に行った時の感想を書いてみました。

チャーム邑楽店の実店舗外観

 いや〜、本当に良かったな。何時間でも眺めてられるくらい。
 アクアリウムに対して真摯に営んでいるという気概が、ひしひしと感じられました。
(は虫類も居ました、すみません。。)

 チャーム唯一のリアル店舗である邑楽店は、売上第一というよりたぶん、2次元インターネット通販がメインな会社チャームの、現実に直接触れ合える場所として存在意義があるのかもしれません。

 ちなみに今回は「ちょっとお出掛け」と称して、子供達と嫁と家族で行ったのですが、子供は多少喜んでくれたものの、嫁は「このために遠出し過ぎじゃない!?」って呆れ気味でした。。
 男のロマンが分からないかな〜〜。私は店に居る間ずっと「すごい!すごい!」って呟いてました^^

 家まで遠いので、さすがに生体は連れて帰るの大変かなと思いましたが、水草や、岩、流木などレイアウトオブジェなら買って帰ることは出来ますね。また行こう。

 お店の近くに住んでる人は本気で羨ましいと思うのでした。

訪問関連記事
⇒「ADAネイチャーアクアリウムギャラリーを訪問!」記事こちら

人気記事
⇒「ヌマエビ飼育が上手くいかない原因と結果を経験から」記事こちら

 

メニュー

ページのトップへ戻る