ミニ水槽用の砂利掃除クリーナーを自作してみました。

スポンサーリンク

 

ミニ水槽に丁度いい水換えクリーナーを自作

 水槽メンテナンスで大切な水換え作業ですが、この時に砂利(底床)の糞などを一緒に掃除すれば一石二鳥なのは皆さん知ってる事と思います。
 でもミニ水槽だと全体の水量が少ないから、よくあるサイズのクリーナーじゃ勢いが良過ぎて、あっという間に水が無くなって砂利掃除が上手く出来ません。

 そこで、私のミニ水槽(約20L)に丁度いい水換えクリーナーを自作してみました。大したものじゃないんですけど、既に数年使ってます。。

ミニ水槽に丁度いい水換えクリーナーを自作

吸水量が少ないエアホースがぴったり

 これが使ってみると、ゆっくりだけどしっかり熱帯魚の糞や枯れ根を吸ってくれるから、けっこう心地いいです。

吸水量が少ない砂利クリーナー

 吸水量のペースは5分で10リットルくらいの感覚。
 総水量が20リットル切る程度しかないから、このくらいゆっくり掃除できると具合が良いです。

 ただ少し悩みどころは、大きい葉のゴミとかは詰まります。。その時はスポイトなどで強引に吸引して飲み込ませます。

自作クリーナーの材料

 まあ、見れば一目瞭然なのですが、自作クリーナーの材料を一応ご紹介。

自作砂利クリーナーのストレーナー部

 ちょっと手間なのは、空容器の先とチューブジョイントを繋げる時に、容器をライター等で炙って柔らかくしてジョイントを押し込む加工だけ。
 後は瞬間接着剤で本体とジョイントを固定して、容器を好きな長さにカッターでカットすれば、ほぼ完成です。

自作砂利クリーナーの材料

 市販の商品と同じ“サイフォンの原理”で吸い上げます。

吸い口の長さが違う自作砂利クリーナー2種類

 実は長さの違うバージョンもあったります。吸い口が長い方は砂利の奥(下層)まで掃除する時に使っています。

ミニ水槽は足し水(給水)も少しずつ

 ちなみに、吸い出した分の水を給水する際も、ミニ水槽はやはり少しずつ足すのが理想。

 水温や水道水のpH合わせは、総容量の少ないミニ水槽では、水質に神経質な魚やエビに影響が大きいです。
 で、私がいろいろ試して落ち着いた給水方法がこれ。

ミニ水槽の足し水(給水)方法

 エアチューブで少しずつ戻します。
(定期的に交換してますが、エアチューブ汚れてますね。。恥ずかしい。)

 と細かいこと言いながら、夏場の暑い時期は水道水の水温そのまま(カルキは抜きます)、冬はボイラーの給湯で温度調節してます。

 給湯の場合、注意しないといけないのが、銅イオンが混ざる点。
 ボイラーの配管はほぼ確実に銅管が使われているので、生体に有害な銅イオンが高めに混ざっています。
 Tetra(テトラ)の「パーフェクトウォーター」や「アクアセイフプラス」みたいな重金属を無害化してくれる水質調整剤を使うのがおすすめです。
(ビルや一般家庭の給水でも銅管が使われてる可能性があるので、夏も同じ調整剤を使うと安心です。)


ミニ水槽の水換えまとめ

 私は水換えを週に1度くらいの頻度で行っています。まあ生体は少ないですから2週に1度くらいでも大丈夫だとは思いますが、念のため。
 正直、水の汚れ方も餌のやり方や水草肥料の頻度で、かなり変わると思いますし。

 あと、水換えと言ったら水作の「プロホース」が有名ですね。実はプロホースSを買った方がよほど話が速いんじゃないかと思ったりするんですが、結局もう何年も手作りの自作クリーナーでやってたりします。(汗)


 しかも私の自作クリーナー、形は不格好ですが、自作がお好きな方には非常にウケが良いです。

関連記事
⇒「水草の発酵式CO2添加装置をペットボトルで自作する作り方」こちら

⇒「黒髭苔は悪者なの?対策の前に考えること」記事こちら

 

メニュー

ページのトップへ戻る