水草絨毯の隙間から底床掃除クリーナーを自作。

スポンサーリンク

 

水草絨毯の間から底床掃除に自作クリーナー

水草絨毯の底床掃除に自作クリーナーを作ってみた

 アクアリウムで水草絨毯レイアウトはやはり目を引く美しさがあります。
 でもひとつ問題は、底床の汚れの蓄積。

水草絨毯の隙間から汚泥の底床掃除

 水槽の底床掃除はこれまで排水ストレーナーをグリグリ差し込みながら吸い出していましたが、ヘアーグラスショートで草原化したために、糞や排泄物が底床内に溜まりやすくなってしまいました。

 底床に汚れが溜まると水質の悪化やバクテリア環境の変化などどうしても水換え頻度が必要になります。
 硝酸塩濃度が高くなるので高過ぎるpHを下げるのには良いかもしれませんが、水槽水の汚れは生体の病気や藍藻・黒髭コケの発生を誘発しますし、なんとか多少の汚泥レベルで抑え維持していきたいところ。

 ただ、水草が広がっているので、さすがに底床をグリグリと荒らす掃除は難しく、草原の状況を壊さずに適度に底床掃除できないかと自作のクリーナーを作ってみました。

水草絨毯底床クリーナーの材料と作り方

 こちらが今回作ってみた水草絨毯のための底床クリーナー。

自作した草原底床クリーナーの材料と作り方

 水草の入り込んだ場所でも差し込んで吸い出せるように、先は細く作ってみました。

 仰々しく説明してますが、材料費も安く、構造も非常に簡単です。

自作クリーナーで準備した材料

ミニ油差しを自作クリーナーの先端に使用

 ミニ油差しの先端ノズルが使えそうな形状だったのでホームセンターで100円ほどで購入。
 あと、エアチューブ用ジョイントとエアチューブ配管用のパイプ。

 私の小型水槽では総水量が少ないので吸う水量が多いと細かく掃除できないため、エアチューブ用のものを使いました。

クリーナーの作り方

油差しノズルを加工

 油差しのノズルを底床に挿して汚泥を吸うため、ノズル先端に穴を開け加工します。

油差しノズルに複数の穴開け

 クリップを火で加熱してノズル側面に差し込み、穴を開けます。

コンロの火でクリップを加熱

(コンロが汚いのはご勘弁を。。)

油差しノズルに空けた穴

 同じように場所と角度を変えて複数開けます。

 その後、ノズル部分のみカット。

ノズル部分のみカット

 ノズル側カット面を紙ヤスリで少し整えます。

ノズル部カット面を紙ヤスリで綺麗に

ノズルにジョイントを接着

油差しノズル部とエアチューブジョイントを接着

 切り離したノズル部にエアチューブジョイントを接着。

ノズル部に裏側からエアチューブジョイントを接着

 ある程度のサイズ感を考えて油差しを選びましたが、思った以上にぴったり。

ノズルとエアパイプを接合

ノズルとエアパイプを接合

 最後にノズルとエアパイプを接合します。

ノズルとエアパイプを接合

 ジョイントとエアパイプは径がほぼ同じなので、エアチューブの端切れで繋げました。

水草絨毯に自作クリーナーの使用感

 自作クリーナーの使用感は、可もなく不可もなくといった感じ。。
(せっかく読んでもらったのにごめんなさい。)

 それほど水草を荒らさずに底床に深く挿すことは出来るのですが、サイフォンの原理で吸い上げるためイマイチ吸引力が弱く、ちょっと物足りなさが残る結果に。

 まあ使えないわけではないのでちょっとずつ改良しながら少し使ってみようと思います。

 ちなみに今回の自作クリーナーはソイルには向きません。というか、ソイル底床の掃除って難しいですね。なにせ、強度の違いはあれどソイルが崩れてしまいますから。
 ソイルを使う場合は、数年でリセットを前提に選ぶべきでしょう、やはり。

 私の水槽にも若干ソイルが混ざっていますが、ほとんどが崩れないゼオライトなので軽石のような感覚でザクザクと掃除しても問題ありません。

 正直残っているソイルも出来ればもう全部排出したいくらい。水槽立ち上げから既に5年経っていてソイルの良い効果なんて期待できませんし。
 ですが水草が草原状に広がったため、水草の間からスポイトを挿して吸い出してみたところ、わずかにあるソイルがスポイトの口を詰まらせてしまい、イマイチ作業効率が悪い。

 そこで今回新しく自作でクリーナーを作ったのですが、やっぱりソイルが目詰まりの原因となりますね。。

 このクリーナー、ゼオライトだけや大磯砂なら鋭く入って下層の汚泥を吸ってくれるので最高な感じです。
 こんな結果ですが、自作クリーナーを考えてる方の参考になれば嬉しいです。

 とにかく、何か目的を持って作るのは楽しいですね。

原材料の参考リンク


 アクリル管は水作の「パイプピタっと」。
 これ、ドライヤーで熱して曲げたりも出来て、自作にとても重宝します。

 発酵式CO2配管でも加工して使ってますので、よろしければご覧ください。
⇒「CO2拡散器に負けない気泡の細かいエアストーンのコツ」記事こちら

その後の追記

 その後、底床の汚泥処理が思うように進まず、けっきょく底砂を全部入れ替えることにしました!⇒「水槽の底床(底砂)入れ替えで掃除メンテナンス」こちら

その他の水質関連記事
⇒「水槽水面の油膜は何?考え方と対処法で水質改善!」こちら

⇒「水槽フィルターおすすめ濾材やネット、フィルターパッドの事」こちら

⇒「pHを下げる濾過材パワーハウスソフトタイプの効果具合」こちら

 

メニュー

ページのトップへ戻る