水槽ガラス蓋を自作してみた。

スポンサーリンク

 

水槽のガラス蓋を自作。蓋の効果と必要性

 ミニ水槽にガラス蓋を新調!

水槽のガラス蓋を自作。蓋の効果と必要性

 長年、アクリル製の水槽蓋(フタ)を使っていたのですが、サイズがイマイチ合っていなかったことと、アクリルは蛍光灯照明の熱で変形するため、ガラス蓋を自作してみました。

 これが以前の3mm厚アクリル製蓋。

水槽のアクリル製蓋は熱で変形しやすい

 夏場はもっと反るので、時々ひっくり返して使ってました。。
 実はこれもホームセンターの材料をカットしたお手製だったりします。サイズ感が適当でしょう?(汗)

 水槽蓋は絶対に必要と言う訳でもないですが、あると便利な効果も多々あります。
 ここでは自作ガラス蓋に関してだけでなく、そんな水槽天板の効果や必要性についても書いています。

水槽蓋の良い点!

 水槽蓋の良い点(メリット)を挙げてみます。

 だいたいこのような利点があると思います。

 この中でも私が一番嬉しいのは、冬の水の蒸発を抑制してくれるところでしょうか。
 寒い時期はどうしても空気が乾燥するので水槽水の蒸発スピードが早く、総水量約20リットル程度の私のミニ水槽では余計に水面低下が酷く感じられます。水面が下がっていると気になるし見た目も良くないんです。

 ちなみに、夏場は逆に熱が籠りやすいので、多少隙間のあるフタの方が良いかもです。時期に合わせて2パターンあると尚良いですね。

 また、私の水槽にはいませんが、ヤマトヌマエビやハチェット類は特に水槽から勝手に飛び出してしまう習性がありますから、水槽サイズにぴったり合わせたフタが欲しいところです。

ガラス蓋カットの道具を準備

 ガラス蓋を作る道具を準備します。

 ガラス板って基本オーダー製品ばかりなので、ホームセンターなどでは通常売られていないんですよね。近所の専門ガラス屋さん、もしくは通販でオーダー購入が可能です。

 実は正直、水槽蓋くらいのサイズだと、特注でも通販ならそんなに高くありません。強化ガラスも選べますし。
激安おすすめガラス通販ショップ↓↓


 私はたまたま親戚の家に細切れの5mm厚ガラス板があったので貰い受け、それをカットして水槽天板に使いました。強化ガラスじゃなく普通のガラス。

カットするガラス板

 何に使われていたのか分かりませんが幅900mmほど奥行き180mmで、水槽フタに使えと言わんばかりのぴったり感。元の持ち主は「なんだっけ、これ?」という。。

ガラス厚5mmの自作ガラス蓋

 安いから通販で注文しても良かったのですが、一度ガラスカッターでガラスをカットしてみたかっただけです、はい。

ガラスカッターでガラスをカット

 ガラスカッターには、オイル式と乾式、特殊硬質合金鋼のローラー型とダイヤモンド刃など、いくつか種類がありましたが、私は何度も使う訳ではないので、使い捨て感覚で千円以下の安い乾式ローラー型タイプを用意しました。先端に数ミリの小さいローラー刃が付いています。
 通販の500円以下のものでも数回カットするくらいなら大丈夫じゃないでしょうか。

ガラスカッターと砥石

 使用したカッターは対応厚4mmまでだったのですが、5mm厚ガラスでもしっかり力を掛ければ切れ目は綺麗でした。ただ、細かいガラス片や切り粉が出るので、室内より野外で行った方が良いかもしれません。

定規が動かないようにゴムシートを

ガラスカットに定規をゴムシートで固定

 ガラス面なので定規がどうしても動きやすいため、定規の下にゴムシートを置いてズレないようにします。
 ゴムシートは、キッチンにあった瓶フタ外し用を使いました。100円ショップにある格子状のズレ防止シートでも可能です。

ガラスカットの

カット面を砥石研磨

 カットしたガラス面は鋭く、指を切りやすいので注意。

 砥石もピンからキリまでありますが、切断面を丸く研ぐだけですし数百円の安価な物で充分でした。草刈り鎌用の安い荒研ぎ中研ぎ一体商品を選択。

 ちなみに、ガラス蓋自作工程で一番難しかったのはこの砥石研磨です。力加減や擦る方向を間違うと角が欠けてしまいます。

ガラス板の切断面研磨で出来やすい欠け ガラス板の切り目を研磨する失敗例

 以下の写真のように、縦ではなく横に、角から内に向かって優しく研ぐのがコツ。

ガラス板の切り口を砥石研磨

水槽ガラス蓋を自作!まとめ

 水槽のサイズに合わせてガラス蓋を自作した経緯をご紹介しましたが、いかがでしたか。

水槽の蒸発量を抑える自作ガラス蓋の効果

 蓋の隙間が少なくなったお陰で、蒸発量はだいぶ抑えられるようになりました。大満足。

 ガラス蓋受けフックは水槽に付属していたものを使いましたが、“水槽フタ受け”で検索すると見つかります。対応の水槽ガラス厚に注意。水槽メーカーや規格サイズによってガラス厚が変わります。


 まあ今回はガラス板をたまたま手に入れたので自作してみましたが、やってみて思ったのはオーダーでも通販で安いなら買った方が話は早いですね。。ただ、ガラス製になって重みはあるけどアクリル製のように熱でひしゃげないし、見た目もGOOD。

 暑い時期になったら横幅3分の1辺りでもう1本切り目を入れて、セパレートタイプにしようと思っています。

自作関連記事
⇒「ミニ水槽用に水換えクリーナーを自作」こちら

⇒「水草の発酵式CO2添加装置をペットボトルで自作する作り方」こちら

 

メニュー

ページのトップへ戻る