黒ひげ苔は嫌われても水質をキレイに浄化する。

スポンサーリンク

 

黒髭苔は悪者なの?対策の前に考えること

黒髭コケ対策の前に考えること

 アクアリウムを楽しむ方のほぼ100%が一度は必ず出会うであろう“黒髭苔(クロヒゲゴケ)”。黒髭藻とか黒カビなんて呼ばれる事もあります。
 流木やガラス面にこびり付き水槽の景観を悪化させ、水草にもまとわりついて成長を阻害する害悪として非常に有名なコケです。

 そのため、多くの方が黒ひげ苔を退治しようと、あの手この手で対策していることと思います。

 かくいう私も、本格的に水槽を手入れするようになった当初は、直接ピンセットで駆除したり木酢液の塗布、富栄養化した水槽の栄養バランス調整など、様々な角度から黒ひげ苔に対処してきました。

 確かに見た目はよろしくないし、育てている水草の葉に頑固に着床して弱らせる姿は、いつしか憎々しくも思えてきます。

 でも、ある時ハッと客観的に考えるようになりました。
「黒髭苔は本当に悪者なの?」と。

黒ひげ苔も水を綺麗にする植物のひとつ

 黒ひげ苔って、あの見た目から断然の悪役として認知されています。
 もちろん私もそう思ってましたし、景観を損ねてしまう理由から今も、表舞台に出てきた黒ひげ苔は撤去するようにしています。

 でも、そんな黒髭ゴケだってアヌビアス・ナナやヘアーグラス、グロッソスティグマなど人気者の水草と同じように、水を綺麗にしてくれる植物のひとつなんですよね。

「嘘だ!そんな訳ない!」と思うかもですが、次から黒髭ゴケについて詳しく掘り下げていきます。

黒髭コケだけど苔じゃない!正式名称は?

 ちなみに、黒髭苔って名前だけど「コケ類」ではないってご存知でしたか?

 正式には藻類、中でも紅藻類の仲間で、寒天の元になるテングサや海藻サラダに入ってる赤いヤツで有名なトサカノリなどと同じ種類に属しています。
 黒っぽいから褐藻類かと思われがちですが、違うんですね。確かに光の加減では赤っぽく見える事もあります。

 水槽のメンテナンスで「コケ」と言えば、茶ゴケやこの黒髭ゴケなんかを思い浮かべますが、これらのコケって呼び名は俗称で、茶ゴケも藻類の仲間です。
 ちなみに、アクアリウム水草で人気のウィローモスツガゴケなどが、本当の苔類にカテゴリー分けされます。

 持っている光合成色素の種類が違う事で黒っぽい色になっていますが黒髭ゴケは、藻類だけに光合成をして二酸化炭素を酸素に変えてくれてるし、水槽内に溜まって濃度が高くなってるリン酸や硝酸塩を吸収して水を綺麗にしてくれます。

 そう考えると、黒髭苔が悪者というより水槽の水が汚れてることが問題なわけで、黒髭苔はバランスの崩れた水質を元に戻そうとしてくれる善良な存在に思えてきます。
 宮崎駿監督の映画「風の谷のナウシカ」に出てくる“腐海の森”のように、汚れた世界を浄化してくれる本当は良いヤツのような。。

 話が逸れましたが、正式名称はオオジュイネラ(Audouinella sp.)と言うそうです。

黒髭苔の対策法

 ということで、これ以上、黒髭苔を嫌いにならないために、黒髭苔の対策法を挙げてみます。

 上記に書いたように黒髭苔は水槽内に蓄積した余剰のリン酸や硝酸塩(窒素化合物)が多くなると発生します。
 一説には、窒素濃度よりリン酸濃度の比率が高くなると、黒髭苔や茶ゴケ、藍藻(ランソウ)などが出やすくなるとも言われます。

 リン酸は水草(植物)の3大栄養素の一つながら、それほど吸収されるものでもなく、それ以上に熱帯魚のエサや栄養豊富なソイル、ものによっては添加剤などから水槽に入ってきます。確かに、エサの回数(頻度)や1回に与える量が増えたり、肥料を追肥すると、黒髭ゴケが現れる事は多いです。

 そして硝酸塩(窒素化合物)は、生体の糞やアンモニアを濾過バクテリアが分解して出来たものですね。

 まず初めに黒髭コケが発生する根本の余分な栄養を叩くことが大事。というか、これがすべてと言ってもいいです。
 既に発生してしまったものは撤去が基本で、木酢液やオキシドール・・・などと行った施策を主要に考えない事。

 発生原因となっている環境を改善しないと、いくら頑張っても思うように事は進みません。それよりも、他の水草や生体達にダメージを与えるだけ。

 栄養素をコントロールしていきましょう。

リン酸・硝酸塩濃度を下げる

 水槽の富栄養化は様々な問題を起こします。
 黒髭苔には特にリン酸や硝酸塩の蓄積を抑えるようにします。そのため、以下に注意します。

エサの量や肥料を抑えて濃度を下げる

 エサの頻度や量、そして液肥や固形肥料など水草のための追肥を抑え、調整します。

餌について

 エサについては多くても1日1回(私は基本2日に1回)、1〜2分程度で食べきれる量を与えます。

 人工餌は、水面に浮く浮遊性タイプと水中に沈む沈降性タイプの2種類ありますが、与える量を調整しやすいのは浮遊性エサです。
 コリドラス等に与える沈降性のものは食べ残しが分かりづらいので、飼育水の富栄養化に注意しましょう。

 ちなみに私はヌマエビ達には、餌を与えないようにしています。
 彼ら(彼女ら)はコケをツマツマ食べてくれるので餌は必要ない、というより、餌を与えない方が断然ハングリーにコケや枯れ葉をむさぼってくれます

 もちろん、ヌマエビの数やコケの発生状況などによっては、飢餓から共食いの危険もありますから、水槽環境に合わせて調整します。

肥料について

 肥料は、水草の葉色や形状、成長度合いを見ながら追肥しますが、基本的にこちらも可能な限り与えない調整の方が水槽環境の管理が上手くいきやすいです。

黒髭ゴケを発生させない肥料の与え方

「水草の成長が遅いから」とか「早く増えてほしいから」なんて理由で安易に追肥すると、高確率で水質が悪化します。
 黒髭苔はもとより各種コケの発生や、熱帯魚・エビの病気を招きます。

 水草の栄養は肥料でしか賄えないと思っていたら間違い。
 バクテリアによって熱帯魚やエビの糞(フン)の一部も水草の栄養素になりますし、水換えの水道水にだって水草が欲するミネラルや微量元素が含まれています。(カルキ抜きは必須です)

 また、水槽立ち上げ時からソイルを使ってる場合は、ソイル自体にも豊富に栄養がありますから、初期の段階での肥料添加は特に注意しましょう。
 立ち上げから水質環境を安定させるまでを無難に行うために、ロタラ系やマツモ、アナカリスといった、比較的育成が簡単でどんどん大きくなる水草を植えると良いと言われるのは、水を浄化する硝化バクテリアの定着のために光合成による酸素を供給する意味もありますが、他にもソイルの豊富な栄養をどんどん吸収してもらい富栄養化を抑えコントロールする効果もあります。

 ただひとくちに肥料と言っても、水槽サイズに対する水草の割合や種類、生体(熱帯魚やエビ)の数といった環境によって必要な(不足している)栄養素が変わるため、その都度、枯渇している栄養素を個別に添加する考え方が基本です。

 つまり、どれをどのタイミングでどのくらい添加すれば良いという決まった定義がありません。
 各種肥料商品には与える量や頻度が表示されていますが、あくまで目安であって、「説明通りに施肥したらコケまみれになった」なんて良くある事です。

 そう言われると非常にハードルが高く感じますが、長期的に見て不足しがちなのはカリウム微量元素
 できるだけ肥料を与えない管理に於いて、「新芽の葉が小さい・異形」「葉色が薄い・黄色い」など症状が出た場合にカリウム・微量元素(特に鉄イオン)のみの肥料を少しずつ増やす(追肥する)対策が、一般的にもっとも多い状況だと思います。

 肥料に関して黒髭ゴケの発生する水槽にありがちなのは、水草の要求する栄養素が分からず、やみくもに窒素・リンも含んだ総合肥料を添加してしまうような場面。

 また、局部的に施肥しやすい固形肥料より、飼育水全体を富栄養化する液肥の方が、過剰添加となった場合に黒髭ゴケの被害が大きくなりがちです。

 水草への肥料添加は、ビクビクするくらい慎重に少しずつ与える方が大抵上手くいきます。

水草を追加して濃度を下げる

 水草を追加する余裕(スペース)がある水槽なら水草を増やすと、多少効果的にリン酸や硝酸塩濃度を下げられます。
 リン酸・硝酸塩が増える根本の原因は主に生体なので、思わず一緒に熱帯魚を増やさないように注意します。

 水槽サイズに対する生体数を目一杯まで飼育している水槽では、水草量も水槽いっぱいに入っていた方が黒髭ゴケが出にくくなります。
 ただし、過密水槽では生体と水草のバランスを完全に取る事は不可能なので、定期的な水換えでカバーします。

 また、魚も水草も多いと夜間酸欠の危険が出てくるので、夜間だけエアレーションやフィルター水流の工夫による酸素供給が必要です。

 生体数が限界の水槽なら逆に水草やヌマエビを全く入れず、底床の汚れを吸い上げる水換えと定期的なフィルター掃除メンテのみの方が、難しく考えることも無く、意外と手入れしやすかったりします。
 そうなるとバクテリア以外の環境サイクルはありませんから当然、頻繁な水換えが必須ですが。

 この場合は栄養のあるソイル等を使わず、底床には大磯砂濾過砂利を使い、水換え時はプロホースなどで砂利の中までガンガンと沈殿物を吸い上げます。

 水槽の世界観を創る楽しみ方は変わりますが、別に水草水槽だけがアクアリウムでは当然ありません。

溜まったリン酸・硝酸塩を排出する

 リン酸や硝酸塩は一般的に、植物に吸収・消費されるよりも蓄積して溜まっていく方が多いために、黒髭苔が発生しやすくなります。

 その増え過ぎたリン酸・硝酸塩を排出します。

水換えはかなり有効。だけど限界もある

 水換えを行う事で、水槽内に溜まったリン酸や硝酸塩を物理的に排出できます。

 可能であれば底床の砂利に堆積した熱帯魚やエビの糞を中心に吸い出すと、より効果的に排出できます。

 ただ、一面に水草が茂っている状況だとそれも難しいかもしれません。
 かといって一度に入れ替える水量を増やすと、今度は水質の変化が大きくなり生体へのダメージが増えるので、特にヌマエビを飼育している水槽では、不用意に大量の水換えは厳禁です。

「黒髭苔の対策には、どの情報を調べても、水換えが有効って言ってるけど、エビが嫌がって暴れるし弱ってしまう」なんて方も多いんじゃないかと思います。

 これも生体数と水草量のバランスの問題。

 多くの場合、場所を取らずに管理のしやすそうな小型の水槽を選び、それでもいろいろと泳がせたいからと生体を過密飼育する傾向にあります。
 でも、水槽サイズに対して水草量は分かり易く限界があり、魚が泳げるスペースの確保や前景草・後景草のレイアウト、水草への照明の当たり具合等にこだわれば、どうしても生体の比率が高くなってしまいます。

 ここがポイント。

 生体の比率が高いと、どうしても環境サイクルのバランスが崩れやすく、黒髭苔や茶ゴケの影響が出てきます。
 そして水草のコケを処理するためにヌマエビも入れれば、生体数は増加するし水換えの許容範囲も制限されてきます。

 この状況を解決するには、その水槽で水草量を増やせるのであれば増やす、もしくは生体を別水槽に避難させて数を減らすか、水槽サイズを大きくして生体数をそのままに水草量を増やすか、でしょう。

フィルター掃除は一時的

 外部フィルターや上部フィルターなどフィルターを掃除することで、一時的に改善します。

 物理的ろ過によって水草の枯れ葉や魚の糞などが濾しとられるので、その有機物を掃除で取り除く事でリン酸や硝酸塩の排出になります。

 ただしフィルターには、有害なアンモニアや亜硝酸塩を濾過バクテリアによって分解(生物濾過)してもらう大きな役割があるので、必要以上の洗浄は良くありません。
 フィルターの稼働状況にもよりますが、大抵は2〜3ヶ月に1回で充分で、それ以上に汚れが溜まる場合は水槽サイズと合わない非力なフィルターか、生体が過密過ぎると思われます。

 基本的な事ですが、塩素の効いた水道の水でじゃぶじゃぶ洗うなんて行為はバクテリアが死滅してしまうので、もってのほかです。

 出来れば水換え時の飼育水を使い、目で見える汚れをさっと落とすくらいで充分です。
水道水を使うにしてもカルキ抜きをして、可能な限り水温も20度以上26度以下の範囲にしてから洗いましょう。バクテリアも生き物ですから。)

 水換えとフィルター掃除はタイミングを分けた方が良いという声もありますが、スポンジや固形ろ材の物理的な汚れをさっと落とす手入れであれば、バクテリアへの影響も少なく、同時に行っても大した問題はありません。
 どちらかというと逆に、フィルター洗浄に使う水の温度管理やカルキ抜き等に気を使うより、水槽から排水した飼育水の方がフィルターのバクテリア環境を破壊し過ぎず、安全に汚れだけ取り除く事が出来ます。

黒髭苔は撤去が基本

 既に発生してる黒髭苔は撤去するのが基本です。

黒髭苔は撤去が基本

(水換え時にピンセットで撤去した黒髭コケの塊ひとつ。)

水草に付いた黒髭苔はトリミング

 水草に付いてしまった黒髭苔は、トリミングして葉ごと撤去してしまうのが簡単で無難です。
 黒髭苔は枯れ枝や枯れ葉のリン(リン酸・リン脂質)や窒素分(硝酸塩)を吸収して育ってますから、撤去することでリン酸・硝酸塩の排出にも繋がります。

黒髭苔を木酢液で死滅させる

 岩や流木などに付いた黒髭苔を死滅させるために、木酢液が有名です。

2倍希釈した木酢液で葉の苔や黒髭コケなど藻草を枯らす

 原液を2倍希釈した木酢液を黒髭苔に塗り、10分から15分ほど放置すると死滅します。

 木酢液は生体に有害な毒なので、岩や流木を水槽から出して行い、水槽に戻す際も水道の流水でしっかり洗うようにします。

 完全に死滅した黒髭苔はヌマエビがキレイに食べてくれます。

 ただこの過程でイマイチなのは、たとえ死滅したとしても水槽に戻すことで、黒髭苔が吸収していたリン酸や硝酸塩が実質、再度水槽に戻ってしまう事ですね。
 なので、可能な限り撤去してからがベストです。

ヤマトヌマエビに食べてもらう

 ヤマトヌマエビは黒髭苔を食べる生体です。これは私の水槽のヤマトでも実際に確認しています。

黒髭苔を食べる生体ヤマトヌマエビの対策

 ですが、茶ゴケや枯れ葉など他に食べるものが豊富にあれば基本的に食べません。黒髭コケは硬くてそれほど美味しくないんでしょう。

 そして、確かにコケが少なくハングリーな状態だと食べてくれますが、黒髭コケの大量発生なんて状況では全く歯が立ちません。
 まあ黒髭がたくさん増える環境は大抵、茶ゴケも充分にありますからね。

 ということで、ある程度コケの抑制されている安定した水槽で予防的に入れるのはおすすめです。

 かなり安定してる水槽でもちょこちょこと黒髭苔は顔を出しますが、細かいものはヤマトヌマエビが食べてくれるので、とても重宝します。

 ちなみにこれも、ヤマトが食べても糞として水槽内に滞って養分の排出にはなりませんし、目に見えて強力な効果はありませんから、くれぐれも「ヤマトヌマエビで黒髭コケ退治!」なんて思わないように。

黒髭苔の対策まとめ

 自分が経験した黒髭苔の対策について書いてみました。

 いろいろと現状の問題を打破する方法を説明しましたが、正直な気持ち、一番大切なのは“生体は少な目で水草は多い”という環境に尽きます。
 「生体 < 水草」の環境なら、高栄養ソイルの養分過多もしくは肥料の添加し過ぎ、底床の汚泥増加以外に黒髭苔は発生しにくくなりますし、水質も非常に安定させやすいです。植物によって生体サイクルのバランスがより整うと、水換えの頻度もかなり減らす事が出来ます。圧倒的に管理しやすくなる

 でも、いろんな熱帯魚を飼ってみたいのがアクアリウムファンの本音でしょうし、だからこそ難しいのかもしれません。

 ちなみに私の水槽では、飼育水の富栄養化を出来る限り避けて管理しているので被害が拡大しづらいため、ごくたまに黒髭コケを見つけても少し大きくなるまでそのまま放っておきます。
 大きくなってから撤去した方がピンセットでポコッとまとまって取れますし、欠片が水槽に蔓延しないので簡単なんです。

 黒いマリモのように育つ黒髭を見て、ときどき可愛く思えてくる事も。(汗)

関連記事
⇒「水槽水面の油膜は何?考え方と対処法で水質改善!」こちら

⇒「藍藻発生の原因と対処の仕方を経験から」記事こちら

 

メニュー

ページのトップへ戻る