発酵式CO2ペットボトルの添加オンオフを自動化。

スポンサーリンク

 

発酵式CO2ペットボトルを電磁弁で自動化

発酵式CO2ペットボトルを電磁弁でオンオフ自動化の自作

 今まで何年も発酵式CO2ペットボトルで二酸化炭素を添加してきましたが、添加のオンオフを決めた時間で自動化できないかと考え、自作というほどではないですが電磁弁とタイマーを使ってオート供給配管を作ってみました。
 もちろん電磁弁だからといって、暴発させるようなアホな仕組みではありません。

 夜間はCO2添加をストップさせる方も多いでしょうから、毎日の手間をかなり少なく出来ます。このシステム(?)のお陰で発酵式CO2の手間が、数週間に一度のネタ作り替えだけになり、とても重宝しています。

 もし発酵式の世話に疲れ始めたなんて方には、とてもおすすめです。

電磁弁で自動化のちょっとデメリット

 CO2ボンベ用の電磁弁を使って自動化配管するのですが、ちょっとデメリットもあります。

 それは、出費。

 発酵式ペットボトルを使う人のほとんどが“安価でお手軽にCO2添加できる”という理由で採用してると思いますが、今回の電磁弁とタイマーを用意すると5000円ほど掛かります。

 ただ、毎朝毎晩キャップを締めたり弛めたりしていた労力を考えると、納得できる出費かもしれません。

「そこまでやるならボンベ式にするよ」という声もあるかもしれませんが、ボンベ式には電磁弁も電源タイマーも必要ですから、小分けに揃える前段階として試してみるのも良いのではないでしょうか。

 まあ私は、このまま発酵式を使い続けるでしょう。
 ボンベ式が高いのは器具だけでなくちょっと割高なミニボンベを買い続けるという点で、そう考えると私の場合、年間500円も掛からずゴミも出ない発酵式ペットボトルは、自然に優しくとても経済的ですからね。

 それにプラスして今回の発酵式CO2添加の自動化で、毎日の手間が無くなり決まった時間に出して止められる使い勝手の向上で、ますます完璧といったところです。

用意するもの

 この発酵式CO2自動化で用意するものはこちら。
既に発酵式ペットボトル用の配管がある前提で必要なものです)

発酵式CO2ペットボトルのオンオフ自動化に必要なもの

 その他、耐圧チューブ(ホース)を切るためにカッター(普通の)や、指を切らないように軍手など。

発酵式CO2自動化の作り方

 それでは発酵式CO2自動化の作り方です。

 ちなみに現在使っている発酵式の配管に、二又分岐コックを割り込ませて、コックの開閉でCO2供給をオンオフしてる方もいるかもしれません。原理はそれと同じです。
 これだけで勘のいい人は分かるかと思いますが、通常のCO2配管の途中に分岐パーツを繋ぎ、枝配管の開け閉めを電磁弁で行います。

 作業工程は全然簡単なので、器用な方ならほんの5分程度で完成できると思います。

電磁弁に耐圧チューブを接続

 まず、耐圧チューブを10センチくらいにカットします。
 この耐圧チューブは水槽用CO2配線ではごく一般的な外径6mm内径4mm規格のものです。

耐圧チューブをカット

 電磁弁に差し込む分と分岐パーツに差し込む分が充分に取れていれば、特に長さに決まりは無いです。

 ただ、電磁弁に差し込む側の切り口断面は出来る限りきれいな垂直になるようにします。面がガタガタしてるとエア漏れの原因となります。

 切った耐圧チューブを電磁弁のIN側に奥までしっかりと差し込みます。

電磁弁のIN側に耐圧チューブを接続

 この時、電磁弁のIN側とOUT側を間違えないように確認します。

 また、これはどちらでも良いのですが、OUT側にも短く切った耐圧チューブを差し込んでおきました。

電磁弁のOUT側にも耐圧チューブを接続

 接続部のロック機構が発酵式の気化したアルコール分で傷まない(汚れない)ようにという安全対策。

IN側耐圧チューブを二又分岐パーツに接続

 二又分岐パーツを電磁弁IN側に挿した耐圧チューブに繋げます。

電磁弁IN側の耐圧チューブに二又分岐パーツを接続

 二又分岐パーツの差し口は、特にどこに挿しても動作はさほど変わらないと思いますが、セオリー通り、3つの口の中でコックの無い口がペットボトル側(放出の元)となるようにしました。

 耐圧チューブが硬く入りづらい場合は、ドライヤーや熱湯で切り口を暖めて接続します。

耐圧チューブをドライヤーで暖めて差し込む

 この方が冷めるとフィットして漏れが出にくいです。

既存CO2配管に二又分岐を割り込ませる

 今まで使っていたCO2配管に二又分岐の残り2つの口を割り込ませます。

既存の発酵式CO2配管に電磁弁を割り込ませる

 割り込む場所はもちろん逆止弁(逆流防止弁)よりペットボトル側(キャップ側)です。

発酵式CO2供給のオンオフ自動化配管の完成図

 電磁弁が閉じてるときは今まで通り普通にCO2が添加されて、電磁弁が開くと水中のエアストーンに流れるよりも電磁弁を通る方が断然容易なので、水槽への放出が止まる原理です。

 ちなみにもし万が一、水槽水が電磁弁やペットボトルに逆流してきたら、電磁弁の故障やペットボトルが水増しして発酵水放出といった最悪の事態もあり得ますから、逆止弁は是非付けるのがおすすめです。

タイマーと接続設置して完了

 電源タイマーに電磁弁のコンセントを差して水槽に設置したら完了ですが、最後に電源タイマーの通電タイミングを間違えないように設定します。
 というのも、ボンベ式CO2装置の電磁弁と通電タイミングが真逆になるためです。

発酵式CO2オンオフ自動化の自作設置完了

 CO2供給をストップさせる時は電磁弁を開くので電気を流す、CO2供給をスタートさせるのは電磁弁を閉じるので電気を止める、です。

 タイマー設定を逆にしてしまうと、夜間に添加状態となってしまうので注意してください。

発酵式CO2の電磁弁自動化まとめ

 私の水槽ではライト照明が点灯7時の消灯19時なので、発酵式CO2添加をスタート7時半、ストップ18時に設定しました。

 この場合、電磁弁の電源タイマー設定は夜18時開始の朝7時半終了という事です。

 使ってみた感想としては、電磁弁による発酵式CO2供給の自動化を実際にやってみると本当に便利この上ないです、当然ですけど。
 それまでは毎朝仕事前にキャップを締めて、帰ってきたらキャップを弛める作業を、数年間ずっと繰り返してきましたけど、これからは数週間に一度、砂糖とイースト菌を充填セットし直す手間だけです。

 ちなみに、発酵式のオンオフなどせずずっと添加放出したまま、夜間にタイマーでエアレーションして対策する方法もあると思いますが、私はあえて今までしませんでした。

 なぜって、エアーポンプの音がうるさくて嫌いだから(爆)
(まあ、無駄にCO2添加し続けるのもどうかと思うし)

・・・ということで、今回使った商品のリンクも貼っておきます。


AIネット「熱くなりすぎない超小型電磁弁」は安いながら一応国産で評判も悪くありません。


 このREVEXの電源タイマーは安いのに高性能です。照明などで複数使っていますが、何年も故障も無く重宝してます。良い商品。

 ただいつも忘れるのが、開封してすぐに“リセットボタンを押す”こと。説明書にも書いてあります。。
 コンセントに挿してからリセットボタンを押さないと液晶画面が点かないのですが、毎回ど忘れして「初期不良品か!?」なんて焦ります。。

 ・・・説明書を読むのは基本ですね。作りのしっかりしたおすすめ品です。


 これはホームセンターにもあると思います。本当はコックが無い分岐の方が良かったのですが、そうなるとプラスチック製しかなく強度的に安心なこちらを選びました。

 不意にコックが閉まってしまわないようにテープなどで巻いておくと良いかもしれません。

 まあ今回の自作では、CO2を遮断してかなり高圧になるような箇所は無いので、プラスチック製でもたぶん問題ないでしょうけど、耐圧チューブの差し込み接続時にけっこう力を掛けるので破損する可能性もなきにしもあらず。


 CO2配線用の6mm耐圧チューブならどれでも大丈夫です。

発酵式CO2関連記事
⇒「発酵式CO2ペットボトルでエビの元気がなくなる対処法」記事こちら

⇒「CO2拡散器に負けない気泡の細かいエアストーンのコツ」記事こちら

 

メニュー

ページのトップへ戻る