CO2濃度測定試薬で驚きの事実に驚愕。

スポンサーリンク

 

水槽CO2が限りなくゼロ!CO2濃度測定で分かったこと

水槽CO2が限りなくゼロ!CO2濃度測定で分かったこと

 我がミニ水槽も以前より水草量が増えたことで、光合成によるCO2消費や夜間消灯中のCO2蓄積がどのくらい変化するのか気になり、CO2濃度測定試薬で濃度を測ってみました。
 すると、照明点灯中のCO2濃度が限りなくゼロを示す結果に。

 今回、CO2量の推移変化がある程度分かった事で、水草水槽にとっていかにCO2添加が大切かを認識する事ができました。

 このページでは、植物と生体の水槽サイズに対する増減や比率が変わる事で、水槽環境がどのように変化するかについての、私のアーカイブ的な記録です。

CO2濃度測定に至るまでの経緯

 3ヶ月ほど前に追加投入したヘアーグラスも定着して、まばらながらランナー(地下茎)は全体的に広がり繁殖が少し落ち着いてきたので、CO2(二酸化炭素)の供給を一時ストップして水換えのみで様子を伺っていました。

ヘアーグラスショートのランナー繁殖とCO2

 というのも、生体数はほどほどながら水槽サイズに対する水草量はかなり増えたので、魚やエビの呼吸分も加味すると、夜間の二酸化炭素放出量はかなり増加してると予測していたからです。夜蓄積したそのCO2量で、昼間それなりに光合成が出来るのではと考えた訳です。
 チャポチャポと水面を撹拌するような流水にもしていませんしエアストーンも使っていないので、溶け込んだCO2の曝気(大気放出)は少な目なのではと。

 目で観察する限りでは、2週間ほどは全体的に安定していたのですが、そのうち朝方のエビの体調が悪くなり始めます。

水槽の溶存酸素量が減りエビが酸欠症状に

 そこで、消灯中に全生体が行う呼吸によって溶存酸素が消費され酸欠症状かもしれないと予測。拡散筒で酸素気体を添加したところ、功を奏してエビの調子は改善されます。

酸素添加用の拡散筒にエビが隠れる

(酸素添加用の拡散筒。ミナミヌマエビが隠れてる。)

 ですが、上手く対策できたと満足した矢先・・、今度はどうも水草の色艶が悪い

 水草が調子良いときって鮮やかな新緑色がはっきりと分かりますよね。新しい葉や白い根が見えて。
 そうではなく葉色のクスんだ、まるで枯れる前兆のような生気のない雰囲気に。予想に反して水草の調子が落ちていきます。

 肥料に関しては、黒髭ゴケがわずかに現れるし緑藻の発生する予兆も見られるので、栄養分は悪くないはず。経験上、ここからさらに追肥するとコケやアオミドロの発生が加速します。
 リン酸や硝酸塩濃度が若干高めと予測できますが、適度に抑えられてるレベル。

 光量も今まで申し分なかったですし、酸素も添加供給して繊細なエビも大丈夫なのだから植物が呼吸できないということもないでしょう。

 疑わしい原因はやはり、CO2不足が真っ先に思い当たります。

CO2計測で今後の対策が明確に

 推測からすぐCO2添加しても良かったのですが、今後の対策のためにも具体的なCO2濃度を計測してみたくなり、市販のTetra(テトラ)「テトラテスト溶存二酸化炭素試薬」で測定することにしました。

テトラテスト溶存二酸化炭素測定試薬でCO2計測

 ちなみにこのCO2テトラテストは現在、公式サイトにも掲載されていないので、たぶん生産終了商品なのでしょう。測定試薬など持っていなかったのですが、たまたま近所の熱帯魚ショップでずっと売れ残っていた事を思い出し何とか手に入れた代物。ラッキーです。

 買ってきてすぐ昼間の午後3時頃に調べたところ、水槽内のCO2濃度が限りなくゼロという状態が判明。

CO2濃度がほぼ無い水槽

 我が水槽は朝7時点灯の夜19時消灯なのですが、夜間の生体呼吸で放出・蓄積されたCO2は昼を回った時点で既にほぼ消費され尽くされたという事に。半分焦りましたが半分は「やっぱり。」と納得。

 とすれば、夜の間どのくらいCO2が溶け込んでるのかが気になります。
 そこでそのままの状態を維持して、最もCO2濃度が高まるはずの翌朝点灯と同時に計測してみると試薬の色からして約5〜6mg/l。この程度しか溜まっていないのですね。。

生体呼吸でCO2濃度が高まる明け方に測定

 確かに1気圧の大気と接する水温25度の水では、自然に放置した平衡状態でのCO2濃度は約0.5mg/lと極小です。昼間の測定濃度がほぼゼロというのも、この平衡状態近辺なのでしょう。

生体数と水草量のバランスでCO2濃度が変化

世対数と水草量のバランスでCO2濃度が変化

 考えてみれば当然の事なんですが、以前CO2供給しなくてもそれほど水草の調子が落ちなかったのは、水草が少なかったのですから光合成によるCO2消費が少なかったわけで、主に魚やエビの呼気CO2でそれなりに賄えたのでしょう。

 ですが、生体数はほぼ変わらず水草を増やしたためCO2が不足、光合成が上手く行えなくなった。

 今まで水草の豊富な水槽ほど、生体にとって居心地の良い環境を作りやすくなると勝手に思い込んでいましたが、これほど酸素と二酸化炭素のバランスを崩す要因になるとは思いもしませんでした。的外れな思い込みです。。

ますます夜間エアレーションなんて要らねー結論に歓喜

夜間エアレーションに頼らない管理

(発酵式CO2ペットボトルで添加再開)

 ただ、今回の結果が悪い事ばかりではありませんでした。
 それは、水槽に対するまあまあな水草量と少な目な生体数の現状では、消灯中のCO2濃度が大して上がらないということ。

 ということはです。昼間のCO2添加と夜間の酸素供給が適切に行えれば、CO2を曝気させてpHを乱高下させてしまう夜間エアレーションなんて本当に要らないという結論になります。
(今後、さらに生体や植物が増えれば別ですが。)

 ブクブクが嫌いな私には嬉しい限りの計測結果。

 それにしても、水草(植物)にとって光合成も呼吸も成長に必要不可欠な活動だと改めて実感。テトラテストを使って今回初めて実際にCO2計測しましたが、大きな収穫でした。

経験だけじゃないCO2計測で得られる知識もある

 それほど利用頻度はありませんが、ときにこういった現実を知ることも、経験だけじゃ得られないアクアリウム上達の知識になると痛感です。

関連記事
⇒「ミニ水槽のCO2添加に安い拡散筒の具合を試してみた」記事こちら

⇒「発酵式CO2ペットボトルを電磁弁で自動オンオフに配管」こちら

⇒「発酵式CO2ペットボトルに合うエアストーンを実際に比較!」こちら

⇒「水槽に酸素添加で酸欠の回避方法!エアレーションだけじゃない」記事こちら

 

メニュー

ページのトップへ戻る