流木に水カビが発生した時の対処法。

スポンサーリンク

 

水槽流木の水カビは急いで対処すべし!

水槽流木の水カビは急いで対処すべし

 水槽レイアウトで人気の流木は、おもむきと存在感があり、入れるだけでアクアリウムの大きく雰囲気を変えてくれるお手軽アイテムのひとつです。
 ですがレイアウトしている流木は、水槽内でも水カビが発生しやすい場所の一つです。

 水カビ菌自体はどこにでも存在するので、完全に駆除する事は出来ません。生体の死骸や食べ残したエサなど栄養があるところに着床して大きくなります。
 そして植物(木)の死骸でもある流木は、ごくゆっくりとですがずっと腐敗していきますから、いくらアク抜きをしっかりしても、抵抗力のある生きた生体や無機質な石と比べると、カビは着床しやすくなります。

 目視できるほどの水カビが出来ると、水槽内に遊走子(胞子)が急速に蔓延し始め、本来は抵抗力のある熱帯魚や水草でも、怪我をしたヒレの傷口や傷んで枯れた葉の部分などに遊走子が付着、発芽して水カビ病を発症させてしまいます。

 ですから、白い半透明な綿のように付くカビを見つけたら早急に対処しましょう。

 ここでは私の水カビ対処法を書いてみます。

私の水カビ対処法

水カビの早期発見が大切

 言わずもがなですが、日々の観察で早期発見が大切です。

 水カビは、水流が弱いところでは白く細いヒゲのような菌糸や、水流のあるところでモコモコと薄い綿のように見える場合もあります。
 とにかく良く観察していれば、以前と様子が違う事は早い段階で分かります。

水カビ流木を水槽から取り出すのが最善

 流木に付着してしまった水カビは熱滅菌薬品消毒しか完全に死滅させる方法はありません。
 ですが水槽には魚やエビ、水草といった生体がいますから、水槽に入れたまま熱したり出来ませんし薬浴といった上記の方法は難しくなります。

 ネットを調べるとマラカイトグリーンやメチレンブルーなど薬浴の方法も多く見られますが、薬剤は水草やエビ、そして水槽環境を整えてくれている微生物にも大きなダメージを与えてしまいます。
 深刻な水カビ病になってしまった熱帯魚などは別水槽に移して対処も必要ですが、流木であれば取り出して対処するのが一番手っ取り早く無難です。

煮沸やブラシで滅菌

流木の水カビを歯ブラシで擦り落とす

 取り出した流木は、水カビの付いていたところを中心に全体を歯ブラシやタワシなどで擦り落とし、さらにアク抜きの要領と同じように煮沸します。
 事前のアク抜きが足りないと水カビが付きやすいですから、そういう意味でも煮沸は効果的です。

流木の水カビを煮沸で滅菌

 ブラックウッドのような煮沸できない流木は、擦った後、水道の流水でよく洗い流します。

 その後、可能であれば水道水を溜めた桶(バケツなど)に数日ほど水換えしながら沈めておくと、塩素(カルキ)の消毒効果と水カビの再発具合が確認できます。
 数日後、木の表面にヌメリを感じるようであれば、再度ブラシで擦って洗い流します。

 ちなみに、流木に水草を着床させている場合もあると思います。
 そのまま生かす場合、植物が着床した流木ごと取り出して水カビの繁殖した部分を歯ブラシ等で擦り落とし、水道の流水でよく洗い流す対処法が現実的。

 この時、カビが付いた水草の葉などは剪定(トリミング)・撤去してしまいましょう。菌糸が残っているとまたすぐ再発する危険が高いです。

「レイアウトが崩れてしまう」と悩んで手遅れになってしまう前に、迅速に行動しましょう。魚や水草まで死んでしまえば元も子もありませんから、最小限の被害で抑えます。

薬剤や重曹で消毒は?

 取り出した流木のみを、薬剤や重曹で滅菌する方法もあります。

 ですが、流木は薬品成分を内部に吸い込んでしまい、特にエビのいる水槽に戻した時に影響が出やすいので、私はおすすめしません。

 主に熱帯魚のみの水槽であればこの方法も悪くありませんが、濾過バクテリアや繊細な種の魚には影響が出やすいですから、薬品に浸け置きした後に流水で良く洗い流して、もう一度真水に数日浸けるくらいはしたいところ。

 薬品が内部に残ってると水カビは付きにくいですが、完全に抜けてしまえばカビが付きやすいのは同じです。

 また、治療薬として用いられるマラカイトグリーンやメチレンブルーですが殺菌剤としても使われる強い魚毒性がありますから、生体のいる水槽には可能な限り入れたくないところです。
 せっかく着床してるバクテリア類には大打撃ですし、水草も枯れさせてしまいますから、ちょっとした水カビの対処の筈がそれ以上に水槽環境を壊してしまうことも多々あります。

水カビが発生しない水槽環境を作るために

 目で確認できる水カビを対処したら、次に水カビが発生しない水槽環境を考えます。

バクテリア環境を整え、富栄養化に注意

 水カビはバクテリア環境が崩れたり、水が富栄養化してると出やすくなります。
 なので、水槽立ち上げ初期や、水草を減らしたり底床を掃除し過ぎるなどバクテリア環境を大きく変えた時に発生する事が多いです。

 そこで、水草肥料を止めたり、水換え頻度を上げる、生体と水草のバランスを良くするなど、環境を安定させるのが大切です。

 水槽環境ばかりはセッティングによって状況も千差万別ですから、どう対処すれば正解かは水槽によって変わります。
 言えるとすれば、バクテリアの定着・安定を作り、水草が欲する適度な栄養のみを考えながら、照明・生体数を踏まえた水換え頻度・CO2などを調整すること。

 水草のある水槽では、バクテリアの定着と水草の元気を意識する事が、巡り巡って生体(魚やエビ)の健康と水質安定の一番のポイントと感じています。

餌を与え過ぎない

 餌を与え過ぎるのは、富栄養化の原因となります。ちなみに私は、食べ残さないように1〜2分程度で食べ切る量を1〜2日に1回だけ与えています。

 餌の量が適量でも、水槽や水草に対する生体数が多いと排泄物で富栄養化が加速しますので、その分水換えの回数を多くします。

水換え頻度

 富栄養化を抑えるには水換えが最も効果的です。
 生体に影響が出ないように、水槽全体の4分の1から3分の1程度の水量を入れ換えます。

 ごく基本的な事ですが、新しく入れる水は水槽の設定温度にしっかり合わせてゆっくり足していきます。

水温を高めに設定するとカビが付きづらい

 水温が高いと水カビは付きづらくなります。なので28〜29度くらいまで上げると発生しにくくはなります。
 でも水温は、生体や水草、微生物などその他にも大きく影響するので、むやみやたらに上げるのは危険です。

 特にエビや水草、濾過バクテリア類も高温に弱いので、上げても27度くらいかなと思います。

 現状で23度くらいで飼育しているなど、まだ温度を上げても大丈夫な場合は、多少上げてみると良いかもしれません。
 その際は、水温の変化で生体や環境が大きく崩れないように、早くても1日1度上げるくらいが負担も少なくて良いです。

 ただ、23〜26度の範囲で、常に一定に水温を管理してるのであれば、それほど気にしなくても良いでしょう。富栄養問題バクテリアの環境作りの方が、水カビ対策の優先順位は上ですから。

ヤマトヌマエビは水カビを食べる?

 水カビを食べる生体について探すと、ヤマトヌマエビが水カビを食べるという情報が見つかりました。

 これは実際に食べるところを目撃したワケではないので何とも言えませんが、多少の水カビなら食べてくれるとのこと。

 正直、カビを食べる生体という時点でイマイチ信憑性がないので、私は試した事がないですが、水カビが頻繁に発生するようであれば、苔取りの一員としてとりあえず入れてみるのも良いかもしれません。

 とはいえ、ふさふさとした水カビが発生したら、ヤマトどうこうの前に水カビを撤去するのが先決でしょう。

 ちなみにヤマトヌマエビは成体になると小型熱帯魚よりも大きく育ち、魚を攻撃したり葉の薄い水草を食べる等の食害もありますから、特に小型水槽は導入する前に相性も確認すると安心です。

水カビのまとめ

 1ヶ月ほど前に入れた流木に水カビが薄く付いていたので、この記事を書いてみました。

 ですが流木に付着した状態の写真を撮り忘れてしまい、水カビ画像がありません、ごめんなさい。。
 ただ、とても薄く発生してた状態なので、携帯カメラで上手く捉えられるかどうか分からないくらいでした。

 今回水カビが出た原因を考えると、新しく入れた水草のために若干肥料を増やした事と、熱帯魚を2匹増やした事が大きいでしょう。水量20リットル弱の我がミニ水槽ではたかだか2匹と言えどもやはり大きい気がします。

 これから私が出来る対策としては、肥料の微調整水換え頻度を少し増やすこと。

 ですが前回、大幅に水草ロタラをトリミング撤去したため、今は新しい水草のボリュームを増やしたいところ。肥料を減らすより水換え頻度を増やす方向で考えています。
 水草が育って落ち着いてきたら肥料を最低限まで減らすので、水質も安定しやすくなり、水換え頻度も従来まで戻せるだろうと思っています。

 水草と肥料の関係って、人間のダイエットみたいなところ、ありますよね。食べなきゃ健康は維持できないけど、摂り過ぎれば病気の原因になる。。偏った食事というべきか。

 話は逸れましたがまあ、多少の水カビが出たところでそれほど心配する事もないんですよ、大抵。もともと水カビの付きやすい流木が水槽に無ければ、たぶん水カビも出ない程度のレベルですし、死んだ有機物(流木)を菌類(カビ)が分解するのは自然の摂理なんですから、ぶっちゃけ。

 ですが逆に水カビが出たお陰で、水質の小さな変化に気付けたという事も言えます。放置しておいて良いものではありませんからね。

 アクアリウムは眺めることが楽しみですから、そこで日々の小さな変化を見逃さないように、魚のヒレやウロコの状態やエビの動き、苔の種類や量、水草の葉色や状態なども意識して観察したいところです。

追記:流木のレイアウトを変えて

 この後、新しく導入したヘアーグラス(ショート)株を増やすのに邪魔だったので、一時期は流木を出していたのですが、根張りもだいぶ落ち着いてきたので、レイアウトを変えてまた流木を入れています。

流木のレイアウトを変えて

 やっぱり木の茶色い暖色が入ると、水槽も急にしっくりと落ち着いた感じになりますね。良いです^^

流木に薄ら緑コケで雰囲気が出る

 入れて1ヶ月ほどで流木にうっすらと緑コケが付き始めました。こうなると水槽の状態が良いのが分かります。
 緑コケが嫌な人は再度取り出して歯ブラシで擦るか、ヤマトヌマエビなど、より強力な苔取り生体に頑張ってもらうしかないですが、私はこれも雰囲気が出て好きです。

 また、私の水槽はソイルがほぼ皆無なのでどうしてもpHが中性よりアルカリ性気味になるため、流木を入れると腐植酸の影響で少し酸性に傾いて、よりエビ達の居心地が良くなっているようです。

人気記事
⇒「ヌマエビ飼育が上手くいかない原因と結果を経験から」記事こちら

⇒「藍藻発生の原因と対処の仕方を経験から」記事こちら

 

メニュー

ページのトップへ戻る