このサイトは小さなミニ水槽から始めた私の熱帯魚と水草と水槽の経験から得た、上手に育てるヒントをブログ感覚で書いています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アクアリウムサプリINFORMATION

2018-04-15
マグネシウム・カルシウム添加に苦土石灰溶液の作り方と使用方法」ページを追加しました。
2018-04-08
透明な魚!トランスルーセントグラスキャット飼育のすすめ」ページを追加しました。
2018-03-05
すみだ水族館のADAネイチャーアクアリウム訪問!」ページを追加しました。
2018-02-21
濾過フィルターにソイルを入れてpHを下げる方法とコツ」ページを追加しました。
2018-02-09
おすすめは?ソイル選びで水草水槽の失敗が決まる!」ページを追加しました。

水草のCO2添加用品を自作!発酵式ペットボトルキットの作り方

ペットボトル発酵式CO2添加装置

 水草を元気に育てるにはCO2供給が大きなポイントです。でもボンベやスピコンなどCO2添加装置は金額も維持費も高価。そこで自分でお手軽に作れる自作ペットボトル発酵式CO2キットの作り方や使い方を説明しています。

⇒「水草の発酵式CO2添加装置をペットボトルで自作する作り方」記事こちら

 発酵式CO2添加は細かな流量調節は出来ませんが、炭酸ガスボンベ式には無い嬉しい効果もあります。

私のミニ水草水槽の今

 私のミニ水草水槽は今、こんな感じです。
 アオミドロ大発生もリカバリーして完全駆除後、肥料添加も再開して安定しています。

 ヌマエビ達はいつも隠れ気味。。人がいない時に水草の低い広場を綺麗にしてるみたい。

 安価な水温計は24度を指してますが2度狂っていて、実際はオートヒーターで26度設定。(汗)精度の良い別の水温計は、足し水温度の測定に使っています。

 このような雑な人間ですが、ちゃんと水槽は安定させられますから、皆さん一緒に自分だけのアクアリウムを楽しみましょう!

スポンサーリンク

メニュー

ページのトップへ戻る