アクアリウムサプリ〜熱帯魚と水草と水槽の話

このサイトは小さなミニ水槽から始めた私の熱帯魚と水草と水槽の経験から得た、上手に育てるヒントをブログ感覚で書いています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アクアリウムサプリINFORMATION

2018-11-16
水草育成の基本は照明と栄養と水質水温」ページを追加しました。
2018-11-03
ウィローモスをテグスでしっかり巻く簡単な縛り方」ページを追加しました。
2018-10-31
インスタグラム始めました。
日々水槽を維持する中で、サイトで挙げきれない写真、細かなコツ情報をお伝えしています。よろしければご覧ください。
アクアリウムサプリInstagram
2018-10-21
水草水槽におすすめ照明は?LED照明の選び方」ページを追加しました。
2018-10-08
ルドウィジアsp.スーパーレッドの育て方」ページを追加しました。
2018-08-15
水流で水槽環境も水草の調子も変わる!」ページを追加しました。

水草肥料の本当

固形肥料メインで液肥がサブと使い分ける

 水草が育つために栄養素は必要不可欠。
 ですが、水草が欲する栄養素もよく分からずに肥料を勧める方も少なくありません。。

 どんな肥料商品でもとりあえず水草が育つなんて思ってる人もいますが、まったく違います。

 水草それぞれが現状で必要としてる栄養素を含む肥料を選ばないと、水草の調子は良くなりません。ただただコケ被害を増やすだけなんですね。

 水草と肥料について詳しくご紹介していますので、水草水槽にご参考ください。

⇒「水草水槽に肥料を与えるやり方と考え方」記事こちら

水草のCO2添加用品を自作!発酵式ペットボトルキットの作り方

ペットボトル発酵式CO2添加装置

 水草を元気に育てるにはCO2供給が大きなポイントです。でもボンベやスピコンなどCO2添加装置は金額も維持費も高価。そこで自分でお手軽に作れる自作ペットボトル発酵式CO2キットの作り方や使い方を説明しています。

⇒「水草の発酵式CO2添加装置をペットボトルで自作する作り方」記事こちら

 発酵式CO2添加は細かな流量調節は出来ませんが、炭酸ガスボンベ式には無い嬉しい効果もあります。

私のミニ水草水槽の今

 私のミニ水草水槽は今、こんな感じです。
 アオミドロ大発生もリカバリーして完全駆除後、肥料添加も再開して安定しています。

 ヌマエビ達はいつも隠れ気味。。人がいない時に水草の低い広場を綺麗にしてるみたい。

 安価な水温計は24度を指してますが2度狂っていて、実際はオートヒーターで26度設定。(汗)精度の良い別の水温計は、足し水温度の測定に使っています。

 このような雑な人間ですが、ちゃんと水槽は安定させられますから、皆さん一緒に自分だけのアクアリウムを楽しみましょう!

(当サイトの利用規約・プライバシーポリシーについては、こちらのページをご覧ください。)

サイトメニュー

ミニ水槽・アクアリウムの基本

水草・肥料のこと

コケ対策メニュー

CO2添加・発酵式

熱帯魚・エビ

pH調整のこと

照明のこと

石・流木のこと

フィルター・掃除関連

訪問記

ページのトップへ戻る