逆サーモの水槽用冷却オートファンについて。

スポンサーリンク

水槽用冷却ファンクーラーの実力とメリットデメリット

水槽用冷却ファンクーラーの実力とメリットデメリット

 猛暑日が続く真夏のアクアリウムで最大の悩みと言えば、水槽の水温上昇です。

 エアコンを付けなければ室温が35度を超すような状態ですから当然、水槽だって気温に影響を受けてぐんぐんと水温が上昇してしまいます。
 高温に弱いエビには致命傷ですし、いくら熱帯地方に住む熱帯魚だって、さすがに30度を超えれば瀕死の状態は免れません。

 家に不在でも昼間は常にエアコンを稼働させているなんて方も少ないでしょうし、夏の水槽ではやはり水温上昇への対策が必須でしょう。

 とはいえ、本格的なチラー式触媒クーラーやベルチェ式クーラーは意外と値段も高く、気軽に導入とはいかない事情もあります。60センチ水槽以上のサイズならともかく、小型水槽だと余計に悩みどころ。

 そこで、気化熱を利用した安価でお手軽な水槽用冷却ファン(送風機)の導入を考えてる方も多いんじゃないでしょうか。

 ここではそんな冷却ファンの効果や実力、またデメリットなどを、水量20リットルの小型水槽での実体験を元にご紹介します。

水槽用冷却ファンのメリット

 水槽用冷却ファンのメリットはこちら。

 チラー式触媒クーラーやベルチェ式クーラーと比較したメリットといった感じです。とにかく断然のお手軽さが最大のメリットでしょう。

冷却ファンのデメリット

 冷却ファンのデメリットも挙げます。

 ファンの音はお世辞にも静かとは言えません。それでも安価に水温上昇を抑えられるのなら私はガマンできる範囲でしょうか。また在宅時はエアコンを付ける環境なら、ファンの用途は外出時がメインになりますし、使い方にもよるでしょう。

 ちなみにエアコンを使わないと、熱帯夜などは夜間でもファンが動きます。寝るにはちょっとうるさいですね。

 蒸発量はファンの出力や設置状況で変わりますが、私の水槽では1〜2日で1リットルほど水量が減りますから、水換えタイミングの合間もちょこちょこと水足ししています。

 一番重要な点がファンの冷却効果でしょう。肝心の冷却能力が追いつかなければ話になりません。

 目安の参考までに、私の水槽は総水量約20リットルほどの45cmスリムショート水槽ですが、外気温が35〜36度くらいまでは26〜27度をキープしてくれます。ただ38〜39度の日は、水温が28度くらいまで上がることもあります。

 水槽サイズ(総水量)が小さくなれば外気温の影響を受けやすく水温上昇も早くなり、水量が多ければ水温上昇も緩やかになります。冷却ファンを大きな水槽で使ったことがないので一概に言えませんが、小さな水槽ほどサーモ式冷却ファンの効果が感じられると思います。

小型水槽向け冷却ファン選びのおすすめポイント

 すでに5年ほど冷却ファンのみで夏を乗り切っていますが、これまでの経験で感じた小型水槽向け冷却ファン選びのおすすめポイントはこちら。

 冷却ファン商品の中には、電源をオンにすれば風を送り続けるタイプがありますが、これだと水温が適正値に下がっても送風し続け、さらに水温を低下させてしまいます。
 そのため、電源タイマーで稼働する時間を指定してあげたり、こまめに水温を確認しオンオフする手間が掛かります。無駄に送風すれば水の蒸発量も増えて、水量低下も酷くなります。

 逆サーモ機能(水温センサー)が付いた冷却ファンであれば、温度が上昇すると自動で動き、設定水温まで下がると止まってくれて便利です。

 また、商品によって対応する水槽サイズ(水量)が違いますが、選ぶ際はご自分の水槽より大きいサイズに対応したものがおすすめ。
 出来るだけコンパクトな方が良いのは当然ですが、水温が下げられなければ意味がありません。

 冷却ファンは、水が蒸発する際に熱を外気に逃がす“気化熱”を利用して温度を下げますから、風量が強い方が温度を下げる能力は高くなります。もちろん、風が強くなれば時間単位の蒸発させる能力も高まりますが、水温が一定まで下がれば止まるサーモ付きであれば、必要以上に蒸発することはありません。

ぴたっとファンサーモプラスMを愛用

ぴたっとファンサーモプラスMの使い勝手や能力の感想口コミ

 私の水槽では、NISSO(ニッソー)の「ぴたっとファンサーモプラスM」を数年愛用しています。
 水温が27度になると自動的に稼働、25度まで下がると停止します。

ぴたっとファンサーモプラスMのサイズ感と設置状況

(写真の角度的にぴたっとファンが大きく感じますが、実際はここまで存在感ありません。。)

 ぴたっとファンのMサイズは、適応水槽目安が45cm〜90cm水槽(35〜160リットル)以下なので、私の水槽には過剰能力にも思いますが、蒸発量よりも水温を安定させたいのでこれを使っています。

ぴたっとファンサーモプラス使用と外気温変化のグラフ

 水温センサーで自動オンオフしますし、効率良くパワフルに下げる方がヌマエビのいる水槽には良いように思います。

冷却ファンクーラーを効率良く使うコツ

 数年、冷却ファンクーラーを愛用してきて、設置方法や使い方でも水温制御に差が出ることが分かってきました。
 そんな冷却ファンを効率良く使うコツもご紹介します。

送風ノズルタイプが使いやすい

 ピタッとファンのように送風ノズルタイプのファンの利点は、風を効果的に水面上に流すことが出来るところ。

ノズルタイプの冷却ファンで水槽フタと水面の間を送風

 夏場は特にエビや魚が飛び出しやすい事もありますし、私の小型水槽ではフタの隙間から風を送り、水面とフタの間に風を流すと効果的でした。

 ただ大型水槽だと、フタがない状態で送風した方が熱が籠らず良いという情報もあるので、環境別にいろいろ試すと良いでしょう。

水流を作り循環させる

 フィルターの出水やエアーポンプで水流を作り、水を循環させます。
 冷却ファンの気化熱による放熱は水面近くでのみ起こりますから、水槽全体の温度をバランス良く下げるように水を循環させると、生態へのダメージは少なくなります。

 また水面を動かすことで、ファンの力だけでなく水流の影響による気化・放熱作用もプラスアルファ期待できます。

ヒーターも併用して水温を安定させる

 6月初夏や9月の秋口など昼間は暑く夜が涼しい時期は、冷却ファンだけでなくヒーターも併用して、水温を安定させるとなお良いです。
 昼間の高温は抑えられても、深夜の低温による大きな温度差はやはり生体へのストレスになります。

 ただし、ぴたっとファンサーモと26度オートヒーターのセットだと、どちらもフル稼働し続ける状態になるので、この場合は設定温度調節できるサーモセンサーでヒーター温度を24〜25度あたりに設定すると、バランス良く温度を保ってくれます。

 とは言えそこまでしなくても、初夏はオートヒーターを通電しながら冷却ファンも設置して、昼間にファンが動き始めたらヒーターを外し、秋口は冷却ファンが昼間に一度も稼働しなくなったらヒーターと入れ替えるといった対処法でも、生体の多くは問題なく飼育できるでしょう。

水槽用冷却ファンクーラーのまとめ

 主に小型水槽での水槽用冷却ファンクーラーの能力や使用感について書いてみました。
 30センチ規格水槽や30cmキューブ水槽あたりなら、私の水槽と似た環境で使えるんじゃないかと思います。

 ちなみに私の水槽は、空調設備がない網戸換気の玄関に設置してるので、ほぼ外気温と同じ温度。それでもこれだけ水温上昇を抑えてくれる「ぴたっとファン」にはかなり感動してしまいます。


 そうは言っても天候は気まぐれ。突然に強烈な猛暑日なんて事もあり得ますから、こまめに水温計を確認、生体の様子を観察しています。
 皆さんも大きな水温変化に注意して、冷却ファンで夏を乗り切りましょう。

 それこそ、水槽を眺めて涼みながら。

使用感レビュー関連記事
⇒「外部フィルターの掃除とEHEIMアクアコンパクト2004の使い勝手」こちら

⇒「発酵式CO2ペットボトルに合うエアストーンを実際に比較!」こちら

 

スポンサーリンク

メニュー

ページのトップへ戻る