選んだソイル、正解ですか?

スポンサーリンク

ソイル選びで水草水槽の失敗が決まる!?

おすすめは?ソイル選びで水草水槽の失敗が決まる!

ソイル選びで水草水槽の失敗が決まる”なんてちょっと大袈裟なタイトルですが、あながち間違いでもないんです、これが。

 水草を育てた経験が少ない方ほど、どのソイルを使うかで大体、水草育成が上手くいくかどうか想像がつきます。

 そのくらいソイルのブランドによって、水草の育ち方から各種コケの発生具合、pHなど水質に至るまで大きく変わります。
 そしてそれらが悪い方向に影響したとき、対処する手段を知らない初心者ほど、目に見えて失敗します。

 でも逆に、初めから最適なソイルを選べば、水草が格段に簡単に育てられる。

 そこでここでは、水草のあるアクアリウムに失敗しないために、ソイルの考え方や選び方について書いてみます。
「ソイルについて色々調べてみたけど、吸着系だの栄養系だの言われてもイマイチ分からない」
なんて方に、読んでいただければと思います。

おすすめのソイルは環境次第!

水草水槽やりたいんだけど、ソイル選べば何でもいいんでしょ?

 私がアクアリウムで相談された時に、よく聞くフレーズです。

 まあ、知らないんだからそんなものです、私も初めはそうでした。
 それでもアクアリウムが初めての初心者でも、“水草にはソイルがおすすめ”くらいの情報はどこかしら見聞きするんですよね。

 ただ、ソイルならどれでも良いわけではありません

「じゃあ、おすすめの商品教えてよ」

 そういうことでも無いんです。
 最高に良いソイルと最悪に駄目なソイルがある訳じゃないんです。

 大切なのは、環境に合ったソイルを選ぶこと。

 人気があるソイルだからと言って、はたまた評判が良いからと言って、あなたが使っても水草がうまく育つとは限りません。

 まずこの事を、確実に頭に入れてください。

そもそもソイルって何なの?

 そもそもソイルとは何なのか。簡単に説明しますので、不要な方は飛ばしてくださいね。

水草水槽に適した土として登場

 ソイルは簡単に説明すると、水中で崩れないように土を粒状に固めて高温で焼成したもの。泥化せず水槽底床で長期間の使用に耐えられるように開発されました。

ソイルは水草水槽に適した土として登場

(火山灰土の黒ボク土を使用した黒いソイル)

 そしてその目的は主に、水草が育つ環境を容易に作るためです。
 水草の必要とする栄養分を蓄えたり、pHを弱酸性に保つ、水を綺麗にするバクテリアが繁殖しやすい、濁りを吸着する等々、ソイルには様々な効果があります。

 ちなみにこの画期的なソイルは、世界に先駆けて日本で誕生したものです。

ソイルの多様化

 ソイルの需要が増え始めると次に、使用する土を変えたり改良したり、肥料分を配合したり、pH調整剤を混ぜたりと、各メーカーがソイルに強い特性(個性)を持たせるようになります。

などなど。

 そしてこの特性を水槽環境に合わせることが、ソイル選びで重要となってきます。

吸着系ソイルと栄養系ソイル

 こうした各ソイルの特性を分類する呼称として「吸着系ソイル」とか「栄養系ソイル」なんて呼び方があります。

 ⇒吸着系ソイルは、高い陽イオン交換能力によって、魚の出すアンモニアやpH上昇の原因となるミネラルイオンをどんどん吸着してくれますが、含有栄養分は少なめ。

 ⇒栄養系ソイルはその名の通り、水草が必要とする栄養素をバランスよく豊富に配合したソイルです。吸着系より弱いとはいえ、もちろん陽イオン交換能もあります。

粒の大きさはノーマルとパウダー

 使用環境に応じて、様々な粒の大きさが登場しました。ですが現在は、ノーマルサイズ(約3〜5mm)とパウダーサイズ(約1.5〜3mm)、ブランドによってスーパーパウダー(約0.5〜1.5mm)の3種類がほとんどで、後は需要が少なく消えていきました。

ノーマルソイルの大きさは約3〜4ミリ

(これがGEXのノーマルソイル。)

 メーカーごとに多少のサイズ違いはありますが、ノーマルに比べて小さいパウダーの方が水草の根張りが定着しやすいことから、下層はノーマルで上層のみ細かいパウダーを敷く使い方があります。

 ただしパウダーはノーマルに比べて底床内の通水性が悪くなるため、底床バクテリア環境の悪化も早くなりがちなので、ノーマルのみ使うアクアリストも多いです。私も近年はノーマルばかり。

ソイルの寿命

 ソイルの一番のデメリットと言えるのが寿命です。

 いくら長期間崩れないと言っても、だいたい1年〜2年くらいで崩れて目が詰まってきます。
 また、なんとか形状を維持していても、弱酸性pHを維持する能力養分を蓄える保肥効果は、時間とともに低下していきます。

 ただ、ソイル以外の大磯砂(石砂利)やサンド、ゼオライト系底砂などは、崩れず半永久的に使えるメリットはありますが、どうしてもアルカリpHの傾向が強く、栄養分を保肥する能力もありませんから、弱酸性〜中性を好む熱帯魚や水草の多い淡水アクアリウムでは難易度が高く、やはりソイルの人気は衰えません。

 それに加えて1年半から2年も同じ水槽を管理してると、汚れ成分の蓄積で安定した底床環境が維持しにくくなったり、同じ水景に飽きて新しいレイアウトに挑戦したくなったりなんて事もあるでしょう。

どんな水草を育てたい?

 それではソイルの選び方について、本題に入っていきます。

 でもその前に。
 あなたはどんな水草水槽をイメージしてますか?

 水草水槽が初めてだと、どんな種類の水草があるかも分からないでしょうから難しく思うかもしれませんが、もっと簡単に考えてください。

 もしかしたら、4「試しにちょこっと植えて見たい」なんて人もいるかもしれません。

 さて、なぜこんな質問をしたかというと、感の良い方はもうお分かりでしょう。

 ソイルは、植える水草全体の栄養消費度に合わせて選びます。

 これが例えば、水草は少ないのに栄養豊富すぎるソイルを使うと、緑ゴケやアオミドロといったコケ被害で水草を育てるどころではなくなってしまいますし、逆に水草がいっぱいあるのに栄養分の少ないソイルでは、勝手に育つような育成簡単な水草でさえ枯れてしまうことも。

栄養豊富なソイルには緑ゴケやアオミドロが発生しやすい

(高栄養なソイルの溶出分でアオミドロが自然発生。肥料添加なし。)

 なので、入れたい水草の量に合わせて、ソイルの栄養含有レベルを選ぶ事がとても重要です。

ソイル養分を必要とする順位は?

 では次に、もうちょっと踏み込んだ問題。
 先ほどのイメージ例ですが、どのイメージが最も高栄養ソイルを必要とするでしょうか?

 それぞれに番号を付けているので、多い順に並べてみます。

3草原 ≧ 1ジャングル > 4ちょこっと > 2流木・石

 どうでしょうか、想像通りだったでしょうか。

 3草原と1ジャングルは導入する水草によって入れ替わることもありますが、一般的にこんな感じの順番になります。
 前景で育てるような小さくて勢いよく増える種類(グロッソ・スティグマやキューバパールグラス等)は、栄養要求量が多い水草が多いです。また、養分が十分にないと密度の濃い育ち方になりません。

 ちなみに、4ちょこっとと2流木・石の順位ですが、水草の量は2流木・石の方が多いですけど、ソイルに根を張る水草は4の方です。流木などに活着させた水草にとってソイルの栄養具合はほぼ関係ありません

熱帯魚の数はどのくらい?

 今度は、熱帯魚の数です。
 どのくらい入れたいですか?具体的な数ではなく、「多め」「適度な数」「全く入れない」程度で考えてみましょう。

 実は生体に与える餌にも、水草が必要とする栄養素「窒素」と「リン」が含まれています。

 この窒素やリン酸は魚が排泄する糞やアンモニアに含まれており、この生体数も考慮してソイルを選ぶことで、栄養が過剰にならないようにコントロールすることが出来ます。
 水草が吸収すれば飼育水の汚れだって抑えられるから、茶ゴケや黒髭コケの心配も少なくなり、水換えの手間を減らすこともできます。

生体数も考えてソイルを選ぶ

 生体数が多い場合は、窒素・リンの控えめな吸着系ソイルが候補になり、逆に魚を入れない水草メインの水槽では、窒素・リンを含む高栄養ソイルが挙がります。

 そしてここに水草量も加味されて、最適なソイルが決まります。

 環境に合わせた最適なソイルとは、各自の理想的な水槽状況に合わせたソイルということ。だから、漠然とおすすめソイルなんて聞かれても困る訳です。

環境別おすすめソイル一覧

 おおまかなソイルの選び方は、分かったでしょうか。

 大切なのは、あなたが作る水草水槽の完成イメージから、生体数と水草量に合わせてソイルを選ぶことです。

 最後に、おすすめソイルをいくつか挙げておきます。
 ソイルの種類は本当にたくさんあるので、選ぶ参考まで。

吸着系低栄養ソイル

 熱帯魚メインで水草はお試し程度に少し入れたいという場合、低栄養な吸着系ソイルが最適です。
 生体の排泄するアンモニアも吸着しつつ、底床のバクテリア環境がしっかり作れます。
 ビーシュリンプなど低pH水質を好む飼育にも適しています。

※ただし、成長の早い陽性水草を入れる場合は量が少なくても適度な肥料分が必要なので、中程度栄養ソイルを選びましょう。

JUNプラチナソイル

 安定した低pH環境を維持できるとして、ビーシュリンプ飼育で人気のJUN「プラチナソイル」です。
 水槽の濁りや汚れを吸着する力も高く、苔の少ない水槽が作りやすいソイルです。

GEXピュアソイル

 “濾過する砂”の文字通り、水槽水の不純物や汚れを強力に吸着してくれるGEX「ピュアソイル」

 各ソイルブランドの中でも硬めのソイルで、長期使用にも安心感あり。初期栄養分はかなり少なめなのでコケの心配も本当に少ないですが、水草を育てる時は固形肥料の添加が早めに必要になります。

中程度栄養ソイル

 熱帯魚の数も適度に入れつつ、水草もそれなりに育てたいという場合におすすめなのが、中程度栄養ソイル

 適度な肥料分を含みますが、窒素やリンはそれほど多くないので、水草を育てるなら生体の排泄物がある程度必要というイメージです。
 その分、コケも抑えやすく無難に水草も育ちます。

NISSOカスタムソイル

 NISSO「カスタムソイル」は吸着系と呼ばれる事が多いですが、カリウムや微量元素といった必須栄養素に加えて適度に窒素やリンも含むので、肥料要求の少ない陰性水草はもちろん陽性水草にも対応します。ヘアーグラス系と相性良し。

 水草を初めて育てたい初心者には一番扱いやすいソイルじゃないかと思います。

Marfiedコントロソイル

 Marfied「コントロソイル」も吸着系の中でもまあまあ栄養分を含むソイルで、pHをしっかり下げてくれるし育てられる水草種も多いです。
 驚くことに肥料喰いで有名なグロッソ・スティグマやキューバパールグラスなんかも結構育っちゃいます。さすがに養分の枯渇は早くなりますけど。

高栄養ソイル

 最後に、水草をがっつり育てたい方や、魚は入れずエビと水草だけの水草を作りたいなんて場合に、高栄養ソイルがおすすめです。

 窒素・リン・カリウム・微量元素と、植物が欲するすべての栄養素を十分に蓄えているので、密度の濃い水草草原レイアウトやジャングルのような水草水槽でも、葉の綺麗な容姿に育てることが可能です。

 ただし栄養分が豊富なため各種コケも発生しやすくなりますから、水槽立ち上げ初期の水換えを多めにして溶出する養分を排出したり、初めから植える水草を多くしてどんどん栄養素を吸収させるのが上手く維持するコツです。

GEX水草一番サンド

 GEX「水草一番サンド」は、溶リン酸や硫酸カリ、有機物など豊富に含み、肥料要求度の高いどんな水草でもばっちり育ちます。
 また高栄養ソイルは粒強度が弱く潰れやすい傾向があるのですが、このサンドは形状もしっかりしていて長持ちするメリットもあります。

 ただし栄養が豊富な分、立ち上げ初期のアンモニア放出や養分の溶出も多めですから、初めの水換え頻度を高くして環境を整える事が大切です。
 とはいえpHを下げる能力も十分で、最初の1ヶ月くらいはpH6を下回りますから、pH5〜6の酸性水質を好む南米水草やチョコレートグラミー、ディスカスの飼育も容易です。

関連記事
⇒「水槽サイズ別で飼える魚は何匹?その基準は?」こちら

⇒「小型水草水槽立ち上げの手順と方法」こちら

⇒「水草水槽に肥料を与えるやり方と考え方」こちら

 

スポンサーリンク

メニュー

ページのトップへ戻る