ウォーターフェザーの育て方とコツを紹介。

スポンサーリンク

水草ウォーターフェザーのレイアウトと育て方

ウォーターウェザーのレイアウトと育て方

 まるで鳥の羽根のようなフワフワと柔らかい印象が特徴的な水草ウォーターフェザー
 苔類なので照明の明るさや肥料にもそれほどうるさくなく、水槽レイアウトを綺麗に彩ってくれる人気種です。

 そんなウォーターフェザーが私の水槽でも増えたので、別水槽の流木にレイアウトするついでに、今回はウォーターフェザーの育て方や活着する巻き方、pHなど適応水質、肥料添加のコツなども書いてみます。

ウォーターフェザーに適した環境

 ホウオウゴケ科のウォーターフェザーは学名「Fissidens fontanus」と呼ばれ、アメリカが原産とされています。でも日本に流通するウォーターフェザーには種類があるようですね。正確なことは分かりません。。

 とはいえ、見た目の違いもほぼ無いほどだそうで、1房の長さが若干異なる程度とかなんとか。
 ということで、“ウォーターフェザー”として売られてるものであれば、どれでもそれほど問題ではないでしょう。

 育ててみた経験では適応水質も広く、我が家のpH7.5ほどの水槽でもちゃんと育っています。
 高水温やコケ被害に気を付ければ、それほど難しい水草ではないと思います。コケに弱いウィローモスよりも育てやすい印象。

 ただ、原生地は弱酸性〜中性環境のようなので、アルカリ性pHの水質で綺麗に育てるためにはCO2添加が必須かもです。

肥料の与え方とコツ

 モス類の栄養素に関しては、その他水草に施肥してる水槽の場合、それほど意識しなくても勝手に供給される程度でOKな要求度なので、ウォーターフェザーのための肥料と難しく考える必要はありません。

 とはいえ育つために栄養が全く不要なんて事はない訳で、ウォーターフェザーが上手く育たない水槽では、何かしらの栄養素が足りない状況が多いです。もちろん、水温やコケなど環境に問題がない前提ですが。
 また照明の明るさや波長にもうるさくないので、他に陰性水草が育っていればまず問題ありません。

 正直なところ肥料を添加しなくても、高栄養ソイルなら流出する成分で育ってしまうくらい、栄養素は少なくても大丈夫です。ただ、必要なものが揃っていないとダメ。

 ということで、水質など適した環境なのにウォーターフェザーが上手く育たない場合、まずカリウムと微量元素の液肥を少しずつ添加してみましょう。
 問題なく育ってるなら当然、無理に添加する必要はありません。

 実は、冒頭の写真のウォーターフェザーも、少し前まで栄養素が一つ足りてない状態でした。

ウォーターウェザーの肥料の与え方とコツ

 新芽の下が少し茶色く色落ちしています。

 モスに有効な液肥を毎日少しずつ添加してたのですが、調子は上がらなかったんですね。液肥はカリウムと各種微量元素が含まれた総合肥料です。

 で、最終的に行き着いたのが、“窒素欠乏”でした。

 生体が少なめでソイルも低栄養な吸着系ソイルという環境だったため、発生するアンモニア量が少なく、しかもソイルに吸着されてしまうような環境だったんです。
 ちなみに魚の糞やアンモニアや分解された硝酸が、窒素分として水草の成長に使われるのは皆さんご存知の通り。

 そこで自作の希釈した尿素水(これも窒素分)を底床に添加したところ、突然活発に成長が始まりました。

水草の窒素不足に尿素水自作

 唯一、窒素が足りなかっただけで調子が改善されなかった訳ですね。すべての栄養バランスが大切という事、良く分かります。

 ただ、もし私と同じような状況の場合、尿素水の添加よりは窒素分を含む固形肥を底床に埋め込むのが簡単でおすすめです。

 尿素自体はそれほど有害ではないですが、すぐに分解されて有毒なアンモニアに変わります。
 水槽立ち上げなどでバクテリアによるアンモニアの分解除去が何より大前提なのに、わざわざアンモニア分を注入するのですから、ちょっと間違えば環境悪化から生体の死といった危険と隣り合わせですし、無理せず固形肥が安心でしょう。

窒素を含む水草用固形肥料のカミハタおこし

 カミハタの水草用固形肥が成分バランスも良く、おすすめ。
 埋め込みづらい時は少し水に浸して小さくバラしてから使うと良いです。

 固形肥を底床に埋め込んでも栄養が徐々に流出してくるので、ウォーターフェザーにも充分行き渡ります。

 ちなみに植物の3大栄養素の一つ「リン」についてですが、これはわずかでも人工餌を魚やエビに与えてる水槽でしたら、足りなくなる心配はまずありません。水草は窒素やカリウムに比べてリンをそれほど必要としませんし、逆にリン酸が蓄積し過ぎると黒ヒゲコケや藍藻が繁殖する原因になります。

 ただし絶対枯渇しない訳ではないので、水草の施肥について、さらに詳しくはこちらもご覧ください。
⇒「水草水槽に肥料を与えるやり方と考え方

ウォーターフェザーの巻き方

ウォーターウェザーの巻き方

 次に、ウォーターフェザーの巻き方です。
 まあ、巻き方と言っても難しいことはなく、コツというほどの事もありません。

 敢えて挙げるとすれば、最低でも1房(1本)1センチ以上の長さを確保しておくと無難に育ちやすいです。巻きやすいですし。
 あとは勝手に育って、気付けば石や流木を隠すくらいグングン大きくなっちゃいます。

ウォーターウェザーを小石に巻き活着させる

(写真小さくて分かりづらいですね・・)

 釣り糸などに使われるテグス糸で巻くのが一般的ですが、小さい石や流木の細い枝に巻き付けるときは、木綿糸を使うとやりやすいです。

 ただ木綿糸は、時間とともに分解されて溶けて無くなるため、活着が弱いうちに解けないよう3重4重に巻いておくと安心です。
 活着の弱めな南米ウィローモスと違ってウォーターフェザーはちゃんとくっ付く力があるので、木綿糸でも大丈夫という感じ。

 テグスも木綿糸も100円ショップで手に入ります。

 ちなみにこの石は、庭から拾った在り来たりな物を良く洗って使ってます。

流木にポン乗せレイアウト

 流木を取り出すのが面倒だったので、今回は流木の凹みにポン乗せレイアウト。数週間もすると小石も見えなくなっちゃいますし。

ウォーターウェザーを流木にレイアウト

 流木のゴツゴツした質感にウォーターウェザーの柔らかい雰囲気は、とても相性が良いですよね。
 どちらかというと、底床にポンと直置きした庭園盆栽みたいな丸いウォーターウェザーも好きですけど。フサフサしてとても可愛いです。

ウォーターウェザーの管理とコケ取り生体

 環境が合えば簡単に増えてくれる管理要らずのウォーターウェザーですが、綺麗に育てるためにはコケを食べる魚やヌマエビを是非入れたいところです。
 我が家ではコケ取り生体にヤマトヌマエビとサイアミーズ・フライングフォックスを入れてますが、ミナミヌマエビやカラーシュリンプ系、オトシンクルスなども良いですね。

ウォーターウェザーのコケ取りにサイアミーズ・フライングフォックスがおすすめ

(葉の間に頭を突っ込みモフモフしてくれる頼もしいサイアミーズ。)

 モス類の中では葉も大きめでしっかりしてるので、食害も見当たりません。

 あとメンテナンスとして、水換え時などに葉の隙間の汚れを吸い出してあげると、コケが付きにくくなり元気な状態を維持しやすくなります。

ウォーターウェザーの隙間の汚れをストレーナーで吸い出す

 隙間に糞やゴミが溜まるんです、これが。

 ということで、みなさんもウォーターウェザーを投入して、柔らかい印象のアクアリウムを作ってみてはいかがでしょうか。

関連記事
⇒「アオミドロ・コケ撃退のためミナミヌマエビを増やして掃除」こちら

⇒「水槽サイズ別で飼える魚は何匹?その基準は?」こちら

 

スポンサーリンク

サイトメニュー

ミニ水槽・アクアリウムの基本

水草・肥料のこと

コケ対策メニュー

CO2添加・発酵式

熱帯魚・エビ

pH調整のこと

照明のこと

石・流木のこと

フィルター・掃除関連

訪問記

ページのトップへ戻る