私のプロフィール、というか熱帯魚や水草、水槽などアクアリウムとの接点や経験について。

スポンサーリンク

管理者プロフィール

プロフィールというほどのものでもないですが、自己紹介です。

アクアリウムサプリ管理者のミニ水槽風景
ミニ水槽を始めて
以前から熱帯魚や水草を育てるアクアリウムをやろうとずっと思っていましたが、脱サラを機に自営業のストレス発散と癒しの趣味として、とうとうミニ水槽を始めました。それから何年もの紆余曲折を経て得た経験を元に、このサイトを立ち上げました。
願わくば皆さんのアクアリウムが充実したものになる、そんなお手伝いが出来ればと思っています。
手探りで経験
正直なところ、水槽スタート時は本当に何も知らず、手探りで情報を調べながら覚えていきました。とはいえ今の時代は良い道具もインターネットですぐ買えますし、具体的なやり方や対処法もパソコン・スマートフォンで簡単に見つけられますから、一昔前に比べて格段に育てやすいのでしょうね。極めて大きな失敗もなく、今に至ります。
 ですがネットではどうしても分からなかったこと、試行錯誤して見つけた知識やコツも数多くあります。そこで私の記録も兼ねて、このサイトに注ぎ込んでいます。
安く楽しむがモットー
最低限の道具があれば、後はお金を掛けずに楽しむのが私のアクアリウムのモットーです。そんな手作り感満載なサイトとして「アクアリウムサプリ」を運営しています。
アクアリウムサプリの意味
このサイト「アクアリウムサプリ」は、日々私の心を和ませてくれるサプリのような存在のアクアリウムという意味を込めて名付けました。私の発信する内容が少しでも、手塩に掛けて育てるあなたの“アクアリウムサプリ”の参考になれれば幸いです。

我がミニ水槽ちょっと紹介

 私のミニ水槽の装備と仕様。本当に簡素なものばかりです。

45センチショートスリム水槽

ミニ水槽の装備2016夏仕様

(旧、2016夏の仕様。魚が元気に泳ぐのが嬉しかった頃。ろかジャリと水草一番サンドの底床)

ミニ水槽の装備2017冬仕様

(旧、2017冬の仕様。ヘアーグラスショートを増やして若干レイアウト変更。一時期スタンド蛍光灯照明を追加)

ミニ水槽の装備2018冬仕様

(旧、2018冬の仕様。底床を全部入れ替え。水草は従来種流用とクリプトコリネ・パルヴァとハイグロフィラ・ピンナティフィダ、ルドウィジアsp.スーパーレッド、ウォーターフェザーを追加。)

45センチショートスリム水槽の装備2018夏仕様

(2018年夏仕様。照明をとうとうLED化。小流木追加。低栄養管理であまり変わらず。)

30センチキューブ水槽

30cmキューブ水槽立ち上げ時

(2017年8月立ち上げ)

30cmキューブ水槽の水草ストック化

(2018年2月、ちょっと水草ストック水槽化。。)

30cmキューブ水槽のブリクサ全盛期

(2018年4月、ブリクサ、ベスビウスが巨大化。)

30センチ規格水槽

30cm規格水槽の仕様

(2018年1月立ち上げ)

アフリカンチェーンソード中心に水草の調子が上がってきた30cm規格水槽

(2018年4月、アフリカンチェーンソードの肥料具合が徐々に分かってきた。フレイムモスがウォーターフェザーに混ざってたようで顔を出す)

水草の調子抜群の30cm規格水槽

(2018年5月、一気に草原化が進む。キューバパールやニューラージパール、ミクロなど仲間入り。)

アフリカンチェーンソード草原とブリクサ30cm規格水槽

(2018年6月、ブリクサが大きくなり過ぎて草原スペース減少。。)

スポンサーリンク

写真で紹介フォトギャラリー

 いっちょまえにフォトギャラリー。

ネオンテトラ

ネオンテトラ:熱帯魚の王道というか定番中の定番種ですけど、やっぱり綺麗だし人気も落ちませんね。

ラスボラ・エスペイ

ラスボラ・エスペイ:けっこう地味な柄ですが、水草水槽に黒ラインとオレンジ色が映えます。

アルビノグローライトテトラ

アルビノグローライトテトラ:グローライトテトラのアルビノ種(メラニン色素欠乏)。レモンテトラと間違われるけどそれより小さい。

ゴールデンテトラ

ゴールデンテトラ:照明の加減か、銀色ラメのようだけど名前はゴールデン。キラキラ感に一目惚れ。

ブラックネオンテトラ

ブラックネオンテトラ:一見地味ですが、目の上の赤いアイラインと体のキラキラした白ラインが存在感あります。

トランスルーセントグラスキャット

トランスルーセントグラスキャット:ナマズ科で警戒心が強く夜行性。4匹程度だと昼間は隠れて寝てる状態がちらほら。慣れてくると徐々に出てきますが、群れて泳ぐ習性から数を増やすと表に出てきやすいですね。

サイアミーズ・フライングフォックス

サイアミーズ・フライングフォックス:コイ科の仲間で雑食ですが、コケ取り生物兵器として人気。地味な模様とは裏腹に、常にコケ掃除する姿がとても愛おしくなる。

ミゾレヌマエビ

ミゾレヌマエビ:ホームセンターにたまたまいたヌマエビ。あまりショップで見掛けないけど高いわけじゃない。

ミナミヌマエビ 青味色のミナミヌマエビ

ミナミヌマエビ:ミニ水槽の定番エビですね。地味に色の違いや模様に個性があって、ツマツマしてるのが可愛い。警戒心は強めかも。

コケを減らすヤマトヌマエビ

ヤマトヌマエビ:こちらもコケ対策生体の定番エビ。ミナミヌマエビより大食漢でコケ掃除効果は抜群です。ただ葉の柔らかい水草まで食べたり掘り起こしたりの激しい一面もあり。

(当サイトの利用規約・プライバシーポリシーについては、こちらのページをご覧ください。)

サイトメニュー

ミニ水槽・アクアリウムの基本

水草・肥料のこと

コケ対策メニュー

CO2添加・発酵式

熱帯魚・エビ

pH調整のこと

照明のこと

石・流木のこと

フィルター・掃除関連

訪問記

ページのトップへ戻る