コンパクトなミニ水槽はお手軽だけど難しいところも多々あります。

スポンサーリンク

ミニ水槽アクアリウム良い点と悪い点

ミニ水槽アクアリウムの良い点と悪い点

 初めて熱帯魚や水草のアクアリウムを始めようと思うと、大抵の方が小さいミニ水槽からの方が簡単なように思いがちです。
 でも実際にスタートしてみると、綺麗な水質環境を整えて魚や水草など生体を元気に育てるのが、ミニ水槽は想像以上に難しい事に気付くものです。
(上の写真はサイズ450×200×220の水槽です。幅45センチですが水量は20L以下でミニ水槽の部類でしょう)

 もちろん60センチ規格以上の大きい水槽が簡単で雑作も無いという訳ではありません。大きいアクアリウムには大きいアクアリウムなりの手間も掛かります。

 そこでこのページでは、自分のイメージするアクアリウムを成功させるための水槽サイズを選ぶ目安として、ミニ水槽の良い点や悪い点を書いてみます。

 ちなみに水槽の大小は容量(全体水量)で考えています。そのため、30センチキューブ水槽(27L)より45センチショート水槽(19.8L)の方が小さいと見ます。

ミニ水槽は予算が少なく始められる

 アクアリウムをする上で外せないポイントは、装備に掛かる「予算」です。
 予算に関しては、圧倒的にミニ水槽の方が費用も少なく始められます。

 水槽は基本的にサイズの大きさに比例して値段も高くなりますし、それに必要な照明や濾過フィルターなども大きいほど価格も高くなります。
 それに付随する底砂(底床)の量や、水温を管理するヒーターやクーラーもやはり大型水槽ほど出力の大きいものが必要になります。

 この説明を読むと、水槽が大きいほど大変に感じられ、圧倒的に小さい水槽の方が楽に出来そうだと思うかもですが、環境を整えて生き物を育てる事に関しては、実は意外と大きいサイズの方が水質も安定しやすく飼育しやすいんです、これが。

 まだまだ勉強中の私が言うのもなんですが、熱帯魚と水草を育てるには、微生物の活動によって水がクリアで有機物やミネラルのバランスが良い水質環境が整わないといけません。
 これが水量の少ないミニ水槽になると、ちょっとミネラルが増えたり富栄養気味になっただけで、ガクンと水質が悪くなり、生体に影響し始めます。

 でも逆に、水量の多い箱(水槽)だと、多少成分が増減しても水全体としては薄く希薄されて水質の変化も少ないという訳です。
 これは水温に関しても同じで、水量が多ければ水温の変化も緩やかになります。

 昔から基本的な水槽サイズは60センチ規格水槽(幅600×奥行き300×高さ360 水量65L)を基準にされていますが、やはりこの60cmサイズくらいが手間もそれなりで育てやすい初心者向けサイズだと思います。
 ちなみにこのサイズは本体や外部装備のバラエティ、流通量も多いため、他規格サイズに比べて割安に揃えられる事も多いです。

 ただ、水槽は一般的に屋内に置くインテリアの一部ですから、部屋にスペースが確保出来なければ道具が揃っても意味がありません。
コンパクトサイズが丁度いい」という人もいるでしょうし、真面目に向き合えばどんなサイズでも上手に育てられるのは言うまでもありません。
 かく言う私も初めから小さいサイズでしたから。

ミニ水槽の装備2017冬仕様

 私の45センチショートサイズは縦横比の横幅比率が大きくなるので、こういう画像で見ると見応えが出ますが、実際は水量も60センチ規格水槽の3分の1以下で、水草もヘアグラス・ショートやアヌビアスナナ・プチといったミニサイズ品種を多用、熱帯魚も体長5cm前後までの小型魚のみと、サイズに合わせて厳選しています。

 水槽が小さいと、飼育できる熱帯魚の数が制限されたり水草のレイアウトできるスペースも狭くなるので、誰もがミニ水槽で一番物足りないと思うところでしょう。

ミニ水槽の良い点と悪い点は?

 ミニ水槽の良い点(メリット)と悪い点(デメリット)をざっと挙げてみます。

ミニ水槽の良い点(メリット)

ミニ水槽の悪い点(デメリット)

ミニ水槽を選ぶときのアドバイスとして

 初心者であれば多少大きめの方が良いと書きましたが、それでもミニ水槽を選びたい人もいるでしょう。私もそうでしたから。
 そこで、ちょっとしたアドバイスを記します。参考になれば嬉しいです。

水槽サイズに関係なく飼育の基本は一緒

 水槽のサイズに関係なく、環境を安定させるための基本は同じです。

 水温を一定に保ってバクテリア環境を作り、水槽に対するエビや魚の生体数と水草のバランス、富栄養化しないレベルの肥料の要不要、照明の光度と時間、全体の因果関係を調整して水質を安定させる事。

水槽サイズに関係なく飼育の基本は一緒

 ただし、ミニアクアリウムで長年私が試行錯誤した結果、やはり小さい水槽ほど、何か行動を起こした時の変化が大きくなるため、大きな水槽以上に細心の注意を払わないといけません。

 例えば、水草を育てるために肥料を入れたとき、余剰分の栄養がすぐにコケを発生させたり水を汚すと逆に水草の害になるため、肥料を入れずに換水を増やして水道水のミネラルを使ったり、肥料を使っても笑ける程ごく少量とか。

ミニ水槽の水草と肥料具合

 水温にも非常に気を使います。
 水量が少ない分、夏の暑さや冬の寒さなど外気温がもろに影響するので、特に夏の水温上昇に注意します。

ミニ水槽でエビは難易度が高い

 ミニ水槽でエビを買うなら、夏場は常にエアコンで部屋の室温を下げるか水槽用クーラーで温度を保たないと、難易度が高いです。

 というのも、気化熱で下げるファン(扇風機タイプも)は、水面に風を当てても暑い日は水温がちゃんと下がりませんし、水量がどんどん減るので、水足しが必要になります。
 頻繁な水足しは水質をその都度変化させるので、エビには酷な状況となり体調も崩れます。

高さ(水深)のある水槽がおすすめ

 ミニサイズの種類でも水槽の高さ(深さ)が浅いものがあります。でも、せめて30センチくらい高さの有るものがおすすめです。
 ある程度の水深があると良い利点がたくさんあります。

 まず、置くスペースは変わらなくても水量は増えるので、水質が安定しやすくなります。つまり育てやすい。
 また、高さが浅いと、モーター部を水槽内に設置する濾過装置などタイプによって合わない事もあります。

 次に、高さがあると多少選べる水草が増えます
 ただでさえ容量が少ないのに水深もあまりないと、前景草やプチサイズクラスしか使えません。アマゾンソード系の葉の長い水草などは水深が無いと厳しいです。

 最後に、深さがあると水面付近と底付近で水温差が生まれやすくなるので、夏場これを上手く使うと、エビなど高温に弱い生体にも逃げ場を作ることも可能です。
 これには底床フィルターやブクブク(エアーポンプ)など対流してしまうものは使えません。外部フィルター式を使い、水流をうまく設置する必要があります。

 ちなみに、高さ600mm以上の特殊なハイタイプもありますが、あまり深過ぎると今度は底面の清掃やトリミングが大変になったり、照明の光が下まで届かないなんて悩みも出てきますから、最低でも300mmくらいは高さがあると良いですよというお話でした。
 高さ30センチというと30cmキューブ水槽(27L)や45cm規格水槽(31L)からがメジャーです。

アクロ30cmキューブ水槽 楽天市場

お一人様1点限り オールガラス水槽 アクロ30Nキューブ(30×30×30cm) 30cmキューブ水槽(単体) Aqullo 関東当日便


 30センチシリーズながら案外水量があり、コンパクトとはいえ水草レイアウトを楽しむ事ができます。
 見た目はスリムですが意外と奥行きがあるので、置き場所を確認しましょう。


 45センチ規格水槽だと充分迫力のある景観が楽しめます。

 許容生体数を考慮しながらですが、小型魚だけでなく10cm前後の中型魚クラス飼育にも余裕があります。

 ちなみに私の水槽は高さ22センチの45センチショートスリム水槽(W450×D200×H220)なので、使える水草がとても限られています。。
 どうせ同じ幅なら規格水槽にすれば良かったと思う事も。それでも充分に楽しんでますが。

関連記事
⇒「水槽サイズ別で飼える魚は何匹?その基準は?」こちら

⇒「水草水槽アクアリウムは大変なの?」こちら

私の水槽情報はこちら
⇒「水槽プロフィール」こちら

 

スポンサーリンク

メニュー

ページのトップへ戻る